渋谷区長に聞く、“渋谷ならでは”のICT教育

Other

渋谷区立小・中学校の児童生徒約8,500人にタブレットを配付するなど、全国初の取り組みでICT教育に積極的に取り組む渋谷区。区長である長谷部健氏にプログラミング教育の重要性や、世界で活躍するIT人材を輩出するために必要なことをお話いただきました。

ICT教育も”渋谷ならでは”の発展に期待している

2017年9月から、渋谷区の全小中学生にタブレットを配付しました。配付したタブレットはLTE回線を用いているので、場所を選ばずインターネットの利用が可能ですし、家庭での持ち帰り学習にも活用して欲しいと考えています。
一人一台、LTE回線のタブレットの配付は全国初の取り組みで、有害サイトへのアクセスなどセキュリティ面の配慮や、タブレット内のアプリなどは、まだまだ改善点が多いことも事実。今後は区内のIT企業とも連携を図りながら、改善・充実させていくつもりです。

 長谷部健 東京都渋谷区長  
1972年渋谷区神宮前生まれ。株式会社博報堂退社後、ゴミ問題に関するNPO法人green birdを設立。原宿・表参道から始まり全国60ヶ所以上でゴミのポイ捨てに関するプロモーション活動を実施。2003年に渋谷区議会議員に初当選、3期12年務める。2015年渋谷区長選挙に無所属で立候補し、当選。現在2期目。
長谷部健 東京都渋谷区長
1972年渋谷区神宮前生まれ。株式会社博報堂退社後、ゴミ問題に関するNPO法人green birdを設立。原宿・表参道から始まり全国60ヶ所以上でゴミのポイ捨てに関するプロモーション活動を実施。2003年に渋谷区議会議員に初当選、3期12年務める。2015年渋谷区長選挙に無所属で立候補し、当選。現在2期目。

このような取り組みは、児童生徒はもちろん、教職員にとっても初めてのこと。だから、画一的なプログラミング教育というよりは、ある程度自由度のある中で、主体性をもって取り組んでほしいと思っています。学校ごと、クラスごとにプログラミングソフトの活用は多様でもいいので、楽しみながらやってほしいんです。そうすると”渋谷ならでは”のICT教育として、発展していくのではないでしょうか。
 
――”渋谷ならでは”とは?
 
この街は、1990年代後半から日本のIT企業が集まり、近年はスタートアップから大手IT企業まで多くのプログラマー、クリエイターが活躍する街「ビットバレー」として注目を集めるようになりました。企業同士の取り組みによって自然発生的に起こり、発展してきたことが沢山あるんです。
 
加えて、カルチャーの発信地でもあります。ここで生まれ育った私は、幼い頃からそれをずっと見てきました。竹の子族、DCブランド、アメカジ、渋カジなどのファッションや”渋谷系”音楽、ギャル・コギャルといった社会現象に至るまで、渋谷に集まる様々な人・企業が独自のカルチャーを創出しています。

「少し話が脱線してしまいましたが(笑)。」(長谷部氏)
「少し話が脱線してしまいましたが(笑)。」(長谷部氏)

ここは、そういう素地がある街なんですよ。だから「Kids VALLEY未来の学びプロジェクト」に期待をしています。最新のテクノロジーを持つIT企業に、渋谷のICT教育を積極的に推し進めてほしいと思っています。その中で例えば何か規制でできないということが出てきたら、モデル的に実施するというかたちをとって特別に許可を出すとか、そういう応援をしていくつもりです。私たち行政が足かせになって邪魔をしないようにしようと思っているくらいです。

小・中学生のプログラミング教育などを推進する 「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」、記者会見の様子(6月17日開催)。
小・中学生のプログラミング教育などを推進する 「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」、記者会見の様子(6月17日開催)。

渋谷から世界へと羽ばたく子どもを育てたい。
”大天才”を生み出すために必要なこと

積極的にICT教育を行うことで、渋谷から世界へと羽ばたいていく子どもをたくさん育てたいと思っています。もちろん、この街に居続けることも楽しくなるよう考えなくてはならないけど、様々な情報やモノがたやすく手に入る今、知識も増えるし、新しい世界をみたいというのは自然な流れですよね。

――区長の政策の1つである「小中学生の海外短期留学へ」。米国・シリコンバレーが加わりましたね。
 
中国やフィンランドの国際交流は、文化的交流の要素が強かったんです。それに対し、米国・シリコンバレーは、GoogleやApple本社でワークショップやハッカソンに参加したり、スタンフォード大学で実際の授業を受けるなど、ITや起業の最前線で様々な学びや体験を得られるプログラムにしています。
 

2018年7月に行われた「シリコンバレー青少年派遣研修」の報告会の様子。
2018年7月に行われた「シリコンバレー青少年派遣研修」の報告会の様子。

意欲的に取り組んで欲しいので、論文提出を必須とし、熱意のある子どもを選出しています。事前の研修も充実させていますし、人選も学力だけでは判断しないように気を付けています。いわゆる”クラスのスター”タイプの子どもが選ばれがちなんですよね、そういうプログラムって。でもそうではなくて、何か1つでも秀でた能力や熱意を持つ子どもも選出されるようにしています。コミュニケーションが苦手だった子が向こうで自信をつけて帰ってくるとか、子どもの無限の才能を伸ばせるような機会にできたらと考えています。

派遣経験者に、街で偶然会うこともあるんですけど、顔つきが随分とたくましくなっていて、一目で変化がわかりますよ。「あの経験があるから、スタンフォード大学を目指しています」と言ってくれた子どももいます。感受性豊かで、何でも吸収できる時期ですからね。1人でも多くの子どもにそういう機会を与えられたらと思い、今後も続けていきます。

 

「発想力」「応用力」がこれからの時代を生き抜く力に

――これからの時代を担う子ども達に必要な能力とは?

詰込み型の教育で知識がたくさんあることが大切だった僕たちとは違って、これからは、知識を活用した発想力、応用力が生き抜く力になる時代です。そしてさらなる進化を遂げるであろうデジタルな環境を使い倒して、大人が想像すらできない分野にまで、チャレンジしてほしい。失敗を恐れず、それを糧にして、世界に羽ばたいてほしいと思います。その背中をおせるよう、 僕たち行政はICT教育のための環境を整えていきます。
 

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

サイバーエージェントのオンライン企業訪問の様子をレポート!

Other

新型コロナウイルス感染症の拡大を背景に、中高生のみなさんが社会や仕事について学習する機会が減っていることを受け、サイバーエージェントでは、全国の中学生・高校生を対象にしたオンライン企業訪問を開催しています。当日の様子や研修内容についてお届けします。
 

記事ランキング

Page Top