技術・デザイン

令和を生きる若手エンジニアに伝えたい生存戦略

創業20年のメガベンチャーがテックカンパニーに変わる時(後編)

「技術のサイバーエージェントを創る」と宣言してはや10年、2019年はサイバーエージェント技術組織の第2フェーズだと取締役(技術管轄)の長瀬は言います。昨年10月合同会社DMM.comのCTOに就任した松本勇気氏は、DMMのテックカンパニー化を実現するための「DMM TECH VISION」を発表しました。長瀬のラブコールにより実現した2人の対談、理想の技術組織、抱えている課題、目指しているものについて語り合いました。

創業20年のメガベンチャーがテックカンパニーに変わる時 ~DMM CTOとサイバーエージェント技術役員が描く変革~も合わせてご覧ください。

Profile

  • 合同会社DMM.com 執行役員 CTO 松本勇気
    東京大学工学部2013年卒。在学中より株式会社Labitなど複数のベンチャーにてiOS/サーバサイド開発などを担当し、13年1月より株式会社Gunosyに入社。ニュース配信サービス「グノシー」「ニュースパス」などの立ち上げから規模拡大、また広告配信における機械学習アルゴリズムやアーキテクチャ設計を担当し、幅広い領域の開発を手がける。新規事業開発室担当として、ブロックチェーンやVR/ARといった各種技術の調査・開発も行った。18年8月まで同社執行役員 CTOおよび新規事業開発室室長を務め、同年10月、合同会社DMM.comのCTOに就任。

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役(技術管轄) 長瀬 慶重
    2005年に入社後、アメーバブログやコミュニティサービスなどのサービス開発を担当し、2014年に執行役員に就任。「AbemaTV」開発本部長を務めるほか、エンジニアの採用や、技術力をさらに向上するための評価制度などの環境づくりにも注力している。

若いエンジニアのために、企業が背中を後押しできること

長瀬:松本さんは、サイバーエージェントが主催している30歳未満のためのテックカンファレンス Battle Conference Under30(以下BCU30)の初回開催の際に基調講演をお願いしましたよね。

あの時、20代のエンジニア向けに「目標設定の大切さ」について語りかけてらして、会場にいた若手エンジニアから「すごく刺激を受けた」という声を耳にしたことを覚えています。

松本氏:ありがとうございます。「U30な僕らの生存戦略」というタイトルで登壇させて頂きました。

長瀬:実はサイバーエージェントの若手エンジニアで、松本さんのファンが多いんですよ(笑)。

BCU30は今年で3年目ですが、第1回の松本さんの基調講演に感銘を受けた若手エンジニアが、2回目は運営スタッフとして参加し、今回「今年は自分が責任者をやりたい」と手を挙げて抜擢されました。先日プログラムも公開され、7月の開催にむけて準備を進めているところです。(※)

Under30に伝えたい「こんなエンジニアは時代に取り残される」

松本氏:それは嬉しいですね。サイバーエージェントさんは、学生や若いエンジニア向けの技術カンファレンスにも積極的な印象があります。

カンファレンスを通して、若手に何を伝えたいと思っていますか?

長瀬:エンジニアを目指す若手、特に地方の学生に「エンジニアの未来はとにかく明るい」ということを知ってもらいたい想いがあります。

サイバーエージェントはミッションステートメントに「採用には全力を尽くす」と掲げ、特に新卒採用は「いいやつを自分たちでちゃんと採用する」というプロジェクトのもと、人事だけでなく現場社員が一丸となって学生と向き合っています。

私も学生と対話する時間は積極的に確保しており、地方の学生にもよく会いに行きますが、そこで感じるのは、就活における東京と地方の格差です。

松本氏:なるほど。それは例えば?

長瀬:「機会の格差」があるなと。地方にも、優秀な技術者の卵ってたくさんいるんですよ。中学生が技術勉強会でブロックチェーンについて発表したり、高校生や大学生にもなるとクオリティの高いスマホアプリを開発していたりしています。

これは、ITテクノロジーへの参入障壁がさがり、習得機会の裾野が広がったためだと思うのですが、一方で彼ら彼女らに話を聞くと、我々が想像している以上にエンジニアの未来の可能性に気づいていないことをがわかりました。

プログラミングを習得した結果、自分のスキルがどう社会に貢献していけるのか、将来どんな可能性が広がっているのか、モデルとなる人が近くにいないが故に想像しづらい。

そして、リアルな話をしてくれるエンジニアの話を聞くには東京で接点を求める必要があります。

地方の若者がプログラミングに楽しさを見出していて、ニュースを通じてエンジニアという仕事が必要とされていることは何となく知っている。けれど、プログラミングを学んだ結果、将来どんな仕事につながるのかイメージしづらいまま、就活せざるを得ない状況にあります。

このように、我々が肌で感じる、地方学生の「情報や機会の格差」は社会的な課題につながっていると考えています。

そんな課題感があり、昨年「SHIBUYA BIT VALLEYプロジェクト」を渋谷区長に提案し「BIT VALLEY 2018」というテックカンファレンス を開催しました。

もしメガベンチャー4社が同じ方向を向いたら何が実現できるか? ~BIT VALLEY構想が目指す渋谷の未来~

BIT VALLEY 2018では、約200人の学生が参加してくれました。渋谷区のIT企業が協賛として入ってくれたおかげで、首都圏以外に住む102名の学生の交通費を負担することができたことは大きな成果でした。

松本さんはIT業界を俯瞰して見た時に、どんな課題感を感じますか?

松本氏:そうですね。例えば、プログラミングの義務教育における必修化については危機感をもっています。

我々は「DMM WEBCAMP」というプログラミングスクールを運営したり、海外で実績があるプログラミングスクールの誘致も進めていますが、プログラミング教育の市場規模は大きいと実感します。しかし、学校教育においてプログラミングを教えられる環境がまだ整っていないのも現状です。

こういった状況で今の教員に、プログラミング教育に対応してもらうのは無理難題であって、だからこそ企業が学校教育に参画して貢献する必要があると考えています。

長瀬:サイバーエージェントも子会社のCA Tech Kidsが「テックキッズスクール」という小学生向けプログラミングスクールを経営していますが、2013年の開校以来、受講生は伸び続け、レベルもどんどん上がっているのでその熱意やニーズは確実に高まっているのを感じます。

大切なのは、プログラミングを学んだ結果、将来何の役に立つのか、大人になったらどういう仕事につけるのか、明るいビジョンを伝えてあげることだと思います。

プログラミング, マシンラーニング, データサイエンスが経営の基礎になる時代における、エンジニアのキャリアパス

松本:近い将来、経営の基礎の中にテクノロジーの知識が必須になる時代が来ると考えています。つまりプログラミング, マシンラーニング, データサイエンスの3つが、会計の知識があることと同じくらい、経営に必須なスキルになる時代がやってくるでしょう。

テクノロジーの知識が経営の必須スキルになり、その観点で組織設計、財務設計ができる経営者が増えていくべきですが、それができる人材がこの国には非常に少ないです。

長瀬:なるほど。経営陣にそういった人材が増えていけば、どういうエンジニア組織が企業に必要かといったビジョンも具体的に描けるようになるかもしれませんね。

松本氏:国にしろ企業にしろ、テクノロジーによってスケーラビリティはもっと発揮できるはずなんです。

私がDMMに来たのも、ある意味 営業文化的な気質が強い企業をテクノロジーの力でより進化させたい気持ちからです。

テクノロジーで事業を伸ばしてきたサイバーエージェントみたいな会社が、もっと増えるべきだと思っています。

長瀬:経営にテクノロジーの知識が必須になる世の中において、エンジニアはどう戦略を描くべきだと思いますか?

松本氏:例えば、エンジニアのキャリアパスについて語られる時、傾向として「優れたエンジニアになる」という道が描かれがちです。そして、経営とエンジニアリングの間に壁があったりもします。

そうではなく「どんな道を選択したとしても、最終的には経営者になっていくんだ」ということを、私はよく新卒や若手に話しています。

DMMは2019年新卒でエンジニアを20名採用しましたが、新卒エンジニア出身の事業部長を増やしたいと思っています。

長瀬:いいですね。

松本:エンジニアリングの知識やスキルが経営のアドバンテージになる時代が確実に来ています。これまでは、コンピューターやソフトウェアが好きな人たちがプログラミングを学んでいましたが、裾野が広がったことで経営やコンサルティングを志す人が手段としてプログラミングを学び始めています。

もはや、事業立ち上げや経営において、エンジニアリングが必須な時代になろうとしています。

長瀬:それは実感ありますね。サイバーエージェントでも今年内定者だけで子会社をつくりましたが、創設メンバー5名のうち2名がエンジニアで、エンジニアが事業を立ち上げることは、もはや必然の流れですよね。

若手エンジニアへのメッセージ

長瀬:価値観が多様化するこの時代において、若手エンジニアはどういった成長イメージを描くと良いと思いますか?

松本氏:大事なのは目標点を探すタイミングと、目標に向かって進んでいるタイミングとを認識し、そのサイクルをグルグルまわすことです。

「目標点を探すタイミング」というのは、今もっている知識や技術をもとに、自分が向かいたい将来を見つけ出す探索フェーズでもあります。

その目標点が見つかったら、今度は目標にむかって具体的に行動するフェーズです。

そして動き出したら、その目標が本当に向かう先として正しいかを振り返るフェーズです。自分が設定した目標点と、行動しながら向かっている方向性にブレがないかをキャリブレーションすることで再確認をします。

この一連のサイクルをキャリアを重ねる中で繰り返すことが重要です。

キャリアに悩みがちなパターンとして、目標点が定まっていない状態で、興味がありそうな技術にあちこち手を出しているケース。また、自分の持っている知見や技術を考えないで、世の中のトレンドやニュースをもとに、この方向だと決めつけてしまうケースなど。

ニュースやトレンドの周辺に何があるのか、過去どういうコンテキストがあって話題になっているのか。その技術が注目されるには、どういうトレードオフでその技術が成り立っているのか。これらは、思考と行動と問いかけをずっと繰り返しながら前に進んでいれば見えてくるので、流行り廃りに流されないキャリアが描けるはずです。

長瀬:私は2000年頃からインターネット業界に入りました。その間、目の当たりにしてきたのは加速度的に技術が高度化、抽象化していく時代の流れです。

もはや技術だけが求められる時代から、技術を世の中の価値にどう替えられるかが問われる時代になったと感じています。そして、職種に問われない視野や視界の広さが大事になっていきます。

松本氏:エンジニアリングとビジネスの境界線はこれから一層曖昧になっていきますね。

長瀬:あと10年したら、エンジニアが経営陣に名を連ねているのが当たり前の社会になっていくでしょう。

そのためにも、技術を活かして世の中にどんな価値を提供できるのか、エンジニアの視野の広さが求められると思います。

松本氏:エンジニアとしての働き方や環境も、どんどん変わっていますしね。

長瀬:そうですね。例えば、エンジニアの副業や、ひとつの企業に定まらない働き方も増えると思います。この点について、若手エンジニアはどう向き合うのが良いと思いますか?

松本氏:副業に関しては分散しすぎるリスクがあるので、トレードオフを意識すると良いと思います。

大切なのは、自分の中に一本筋を通して、技術やビジネスで深ぼるところからブレないことです。先程のキャリアの話で「目標点を探すための探索フェーズ」をしましたが、探索としての副業は良いと思います。

例えば、大きな会社に在籍しながら、土日はスタートアップで働くとして、大企業ではすぐに導入できなかったアーキテクチャやソリューションを試してみるなど。ただ、あくまでメインに所属する組織できちんとパフォーマンスを出すことです。もちろん、探索した結果、そちら側に転職するのでも良いと思います。

気をつけなければいけないのは、単純に日銭稼ぎの副業にとらわれることなく、ぶれない目標点を見つけて、長期的な目線で行動してほしいと思っています。

長瀬:私は「エンジニアは外に出ろ」とよく社内で言っています。なぜかというと、エンジニア自身の市場価値を高めることが、結果的に会社の価値を高めることになるからです。

社内には技術書を執筆するエンジニアや、世界中で利用されるようなOpenSourceSoftwareを開発するエンジニア、海外のカンファレンスで基調講演するエンジニアがいます。

業務, 副業, 個人ワークふくめて、市場価値を高めるためにも、いろんな時間の使い方をもってほしいと思っています。

オフィシャルブログを見る

Page Top