採用

「自分にしかできない表現に挑戦し続けたい」
AbemaTV“アートディレクター”の仕事とは

サイバーエージェントでは、十人十色の女性の働き方を応援する組織「CAramel(カラメル)」を発足し、様々な女性社員の交流の場を創りながら、女性ならではのライフイベントに左右されないキャリア形成を応援しています。

今回ご紹介する女性は、株式会社AbemaTVにてアートディレクターを務める竹原沙織。幼いころから専門的なスキルを身につけて、それを生かしたキャリアを歩みたいと考えていたことから、美大進学を決意。サイバーエージェントにデザイナーとして入社した現在も常に自分と向き合い、「自分にしかできないこと」に挑戦し続けている彼女に話を聞きました。

Profile

  • 株式会社 AbemaTV アートディレクター 竹原沙織
    武蔵野美術大学 基礎デザイン学科卒。2016年に株式会社サイバーエージェントにデザイナーとして新卒入社。現在はAbemaTVで番組のグラフィックデザインやプロモーションに従事。

将来像を思い描けなかった学生時代

- どのような学生生活を送っていましたか?

私は幼い頃から比較的大人しく、自分に自信がないタイプだったため、専門的なスキルを身につけて、それを生かして仕事をすることに憧れがありました。ただ、その頃は自分にどのような才能があるかがわからなかったため、様々なことに挑戦をし、その1つとして中学生から絵の予備校に通い始めました。そして武蔵美術大学に合格し、幅広いジャンルのものづくりができる基礎デザイン学科を選択。在学中は「自分は何に向いてるのか」と、漠然と考える日々を過ごしていました。
その中で、大学教授であり、実際にデザイナーとしても活躍する方と話す機会があったことは、自身の将来像に大きく影響したと思います。

- 就職活動の軸はありましたか?

美大に入ったことを生かすためにもデザイナーとして働きたいと思っていました。また、軸として大切にしていたことは、しっかりとものづくりができる環境で働くということ。全く手を動かせない環境や、指示されたことだけを実行するデザイナーではなく、1から自分で考えたものを世に出していきたいと考えていました。その頃、美大生に人気があった業界は、メーカーや広告代理店。最初は私もメーカーのデザイナーを目指していましたが、若手から活躍できるイメージがあったIT業界に途中から興味を持ちました。自分自身がIT業界で働くイメージが湧かなかったのですが、実際に話を聞いてみて純粋に面白そうだと思いました。まず、デザイナーとして企画段階から提案ができる点や、完成まで一気通貫して責任を持てる点、自社プロダクトだからこその自由度の高さ、そして裁量権がある点に惹かれました。あとは何よりもスピード感。1つの作品に対して半年~1年間かけてじっくり取り掛かる、というよりは新しいものをどんどんと生み出していく会社なので、あらゆることに挑戦したい自分に合っていると思い、入社を決めました。

みんな頑張るのは当たり前。
自分にしかできない強みとは?

- 入社後のキャリアを教えてください。

半年間のデザイナー研修を経て、AbemaTVに配属され、プロモーションのデザイナーとして幅広い案件を担当しました。1年目はとにかく目の前の仕事に精一杯でしたが、他の人よりも多くの案件を担当し、その経験から自分の強みを見つけたいと考えていました。しかし、見えない目標に対してひたすらに走り続けているような感覚でした。2年目になり気付いたことは、頑張るのは当たり前、その中で自分がさらに活躍するためには、自分にしかできない強みや自分の価値を見出す必要があるということ。サイバーエージェントのデザイナーは担当できる領域が広く、広告、UI、グッズ、イベント、バスのデザインなど、関わってきた案件全てが楽しいからこそ、「今後何をやっていくか」という質問に対してとても悩んでいたんです。そんな時に「番組のアートディレクションに注力していかないか」と上司に声をかけてもらいました。

福岡市のバスラッピング
福岡市のバスラッピング
CyberAgentの学生向けインターン「UI DESIGN ACADEMY」のグッズ
CyberAgentの学生向けインターン「UI DESIGN ACADEMY」のグッズ

- 仕事で悩むことはありますか?

納得できないものに対しては漠然と悩み続けてしまうタイプで、「自分は本当にこの方向性でいいのか」と、考える時もあります。しかし、そんな悩む時間がもったいない程、チャンスがある環境です。
AbemaTVのグラフィックのチームの中で、私が最も若いデザイナーでしたが、番組ビジュアルのデザインや大きなイベントなど、責任ある仕事を次々に任せてもらえました。特に印象に残っているのは2年目の終わりに担当したイベント案件のこと。「SHIBUYA109」で開催した番組のイベントで、外観や内装のデザインを担当しました。昔から見ていたビルに自分が手掛けたものが掲載される高揚感は今でもよく覚えています。自分が制作したものを多くの人に見てもらえていると思うと、この領域で邁進していきたいとより強く感じた案件でした。

"SEVENTEEN POP UP STORE" supported by AbemaTV
"SEVENTEEN POP UP STORE" supported by AbemaTV

- 現在はどのような仕事を担当していますか?

現在、「Popteenカバーガール戦争」と「恋愛ドラマな恋がしたい」のアートディレクション兼デザインを担当しています。番組アートディレクションとは、キービジュアルやロゴ、テロップやセットなど番組全体の世界観づくりやアートワークのディレクションをすることです。また、OOH(交通広告)やSNSなどのプロモーションのクオリティにも責任を持ち、番組のトーンとマナーを守っていくことも必要です。現在担当している番組のキービジュアル作りでは、イメージしたものをラフに起こすところから、実際に撮影現場に行き撮影のディレクションをしたり、ロゴや最終のビジュアルの調整なども自分で行っています。キービジュアルは、番組の顔にもなり、ユーザーがこの番組を見たいかどうか判断の場所でもあるので、とても重要なものです。番組プロデューサーと相談しながら、どうしたら番組がより魅力的に伝わるか考えつつ制作します。自分がイメージしている世界観をどのようなビジュアルにするかで悩むこともありますが、世の中の話題になる番組のビジュアルを0→1で考えられることはとてもやりがいがあり楽しいですね。先輩の撮影現場に同行してやり方を学んだり、美術やカメラマンの方に自分のイメージをどう表現するか相談しながら進めています。

Popteenカバーガール戦争 番組サムネイル
Popteenカバーガール戦争 番組サムネイル
第2次Popteenカバーガール戦争 番組サムネイル
第2次Popteenカバーガール戦争 番組サムネイル
恋愛ドラマな恋がしたい3 番組サムネイル
恋愛ドラマな恋がしたい3 番組サムネイル

成長したい人は
あらゆる可能性が広がっているIT業界へ

- 今後の目標を教えてください。

去年と同じ自分にならないことを心掛けています。スキルや表現方法など、新しい引き出しを作っていきたいですし、どんどんチャレンジもしていきたい。何が自分に向いているのか、「これだ!」という自分の強みを見つけたいと思ってます。

- 就活生に対してアドバイスはありますか?

自分の市場価値に悩んでる人、より早く成長したい人はIT業界をオススメします。IT業界は今後あらゆる可能性が広がっていますし、来年何をしているかわからないほどの変化の速さが特徴です。サイバーエージェントでは大きなプロジェクトに関わることの出来るチャンスがあり、領域も多岐にわたるので、自分の可能性を見つけるきっかけが多くあります。そして一緒に働く仲間も、真剣にプロダクトに向き合い、悩んだらサポートしてくれます。また、私自身、この3年間で成長できたことに対してよかったと思う部分もあれば、まだまだやれるという想いもあります。一緒に成長し、真剣に向き合える人と是非働きたいですね。

オフィシャルSNSアカウントで更新情報発信中
Page Top