採用

2019年卒内定者に聞きました
-データで見るサイバーエージェントの新入社員-

サイバーエージェントの社員を様々な切り口で徹底解剖する「データで見る」シリーズ。
今回は、サイバーエージェントに2019年4月から入社する内定者を徹底解剖!
どのような学生がサイバーエージェントに入社するのか、データ面から調査してみました。

調査対象:2019年度内定者226人
調査機関:採用戦略本部 採用広報チーム
※2018年12月末時点のデータより算出
 

コース比率

男女比

性別に関係なく様々な社員が活躍しています。
※ビジネスコースのみの場合、男性57%、女性43%です。

卒業区分

地方比率

全体の約3割が地方大学出身です。
都心と地方の情報格差をなくすため、地方就職活動生向けの支援パッケージ「FLAT」を提供しており、地方での選考会やオンライン選考などを実施しています。
 

学部
※ビジネスコースのみ

その他は文理混合学部や美術大学を指します。

応募経路
※ビジネスコースのみ

サイバーエージェントでは年間を通じて様々なインターンシップを実施。また当社独自の新卒採用プロジェクト「YJC」が実施したイベント経由が全体の2割を占めています。2020年卒新卒採用(ビジネスコース)からは選考過程において、インターンシップを必須化しております。実際の仕事内容や社員を知っていただくことで、疑問や不安を払拭していただきたいと思っています。
 

内定者アルバイト実施率

本人の希望に合わせて、入社前に社員と同様の業務を経験することができす。
配属部署は、人事と相談の上決定いたします。
 

内定者アルバイト先事業部

エンジニア、デザイナーはメディアやゲーム事業が多く、ビジネスコースは幅広い事業部で内定者アルバイトを実施しています。

入社の決め手

※内定者76名にアンケートを実施し、自由記入を集計

最も多かったのは「社員」。次いで、成長機会に恵まれた「環境」や広告やメディア、ゲームといった「幅広い事業内容」を挙げた人が多くいました。

サイバーエージェントの魅力は?

※内定者76名にアンケートを実施し、自由記入を一部抜粋

昨年同様、年次に関わらず活躍を応援する社風、挑戦できるチャンスの多さ、幅広い事業内容を挙げている人が多くいました。人材の成長は企業の成長だと考えている当社では「挑戦と安心はセット」という考えのもと、多くの制度や福利厚生がございます。詳しくはこちらにまとまっていますので、是非ご覧ください。

サイバーエージェントでは現在本選考をスタートしています。
ご興味がある方はこちらからエントリーをお願いします。

【関連リンク】
入社4年目までの新入社員に聞きました -データで見るサイバーエージェントの新入社員-
 

オフィシャルSNSアカウントで更新情報発信中
Page Top