採用

ロールモデルなんていらない、
自分らしくキャリアを築いていく。

サイバーエージェントでは、「CAramel(カラメル)」という十人十色の女性の働き方を応援する組織を発足させ、様々な女性社員の交流の場を創りながら、女性ならではのキャリアを応援しています。
「ロールモデル」といった、女性のキャリア形成の話題によく出るワードなど、既存の概念にとらわれず、自分らしく、しなやかにキャリアを築く当社の女性社員を紹介します。

Profile

  • 株式会社eStream 代表取締役社長 高井 里菜

    2014年4月、サイバーエージェント新卒入社。株式会社CyberZにて、広告営業を経験。その後、同社広報部門に異動。広告事業をはじめ、動画コミュニティプラットホーム「OPENREC.tv」、e-Sports広報の立ち上げを経験。2018年4月より、(株)eStreamの代表取締役社長、「eチャンス!」の事業責任者に。2018年10月より現職。

大企業中心の就職活動から一転。事業立ち上げ経験から大きな気付きを得た内定者時代

―学生の頃は、どんなことを考え、就職活動をしていたのですか?

高井:いわゆる大手企業に行きたいと考えていた学生でした。ただ、単純に福利厚生や安定を求めて大手に行きたいと考えていたわけではなく成長産業、女性が活躍していること、若手が活躍していることを軸に就職活動をしていました。サイバーエージェントとの出会いは、先輩から「きっと合うと思う!」と勧められた就職活動の終わりごろ。ちょうど最後の選考会のタイミングが合い、参加しました。
選考が進み、取締役人事担当曽山との面接。海外生活の経験を生かして「海外事業部を立ち上げたいです!」と話しました。そうしたら、「今はないけど、もしやりたいなら自分でつくって。」と。その返答に、自身の就職活動で大切にしていた軸とぴったり合うと感じ、内定の承諾をしました。

高井:ただ、内定承諾したものの、当時、インターネット産業に対して「社会性が薄いのでは。」と少し不安な部分があったのが本音でした。しかしちょうどサイバーエージェント初の教育事業で、小学生向けプログラミングを行う(株)CA Tech Kidsが設立されました。即座に「これだ!」と思い、内定者ながら立ち上げメンバーとして参画。子どもたちに、早期からプログラミング学習の機会を提供し、未来のIT人材を育てるという仕事はとてもやりがいを感じました。一方で、実際に事業の立ち上げを経験していく中で、自身は世の中に対してどういう影響を与えていける人間になりたいのかと考え「ビジネスで大きな影響を与えたい」という考えに至りました。大きなマーケットを動かす、そんな仕事がしたいという想いとともに、2014年、入社の日を迎えました。

営業、広報というキャリアが「経営者」を志すきっかけに。

―入社後のキャリアを教えてください。

高井:スマートフォンに特化した広告事業を行う(株)CyberZで、営業に配属されました。「リスクをとってでも大きな挑戦をする」ことを大事にしているカルチャーで、 入社1年目から当時一番取引金額の大きなクライアントを担当したり、新規開拓のアポイントに1人で行ったりと、とにかく仕事を任せてもらえる環境でした。その一方、業務サイズが自分の身の丈にあっていないのではと感じることもあり、その問題をどう乗り越えていけばよいのか分からず、悩んでいた時期もありました。

―2年目から広報にキャリアを変えたきっかけは何ですか?

高井: 中期的の目標としては、営業職で成果を出し、ゆくゆくは営業部門のマネージャーになることを目指していました。そんな中で、代表山内からの「広報をやってほしい」という打診。当時は、「広報」とはバックオフィスであり“守り”というイメージが強く、そこでの自身の成長が描けなかったため、一度は断りました。しかし、山内に広報の重要性を教えられたこと、そして「事業責任者同様に広報で“攻め”てほしい。」と言われたことから、覚悟が決まり、広報に異動することを決めました。

「“攻める”広報」をするには、経営陣の意図を汲み取り、彼らのビジョンをいかに実現するかが重要だと考えました。営業は売るものが広告商材ですが、広報とは会社自体を世の中に売っていく仕事だと感じ、営業と似ていることにも気づきました。そうして次第に広報としての成果が出始めると、今は経営の代弁者として経営に関わっていても、いつかは自分自身が経営を行いたいと思う様になりました。その気持ちを正直に山内に伝えたところ、(株)CyberZの子会社で、オンラインエンタテイメント事業を行う(株)eStreamの代表を任せられることになりました。

目の前のことに集中して成果を出す。そうしたことの積み重ねで今がある。

―経営者になってみて、女性のキャリアをどう捉えていますか?

高井:学生の頃から考えは変わっていないと思います。常にそのときに選択したいこと、やりたいことが出来る女性でありたい、と。実は、もうすぐ結婚するのですがそのタイミングで経営者という、時間的にも精神的にも負担のある、ある意味リスクをとる挑戦をすることに周囲から心配されることもあります。ただ、山内から「キャリアは、時流と社流が重なったときに与えられるもの。その時が来るまで、とにかく刀を研いで準備しておくことが大事」とよく言われていて。その時に与えられたミッションを全うし、キャリアを創っていけたら、と思っています。
これまでも、最初は何も知らなかったし、出来ませんでした。ただ、目の前のことを一生懸命やって、成果を出して、自信をつけてきました。希望ではなかったはずの広報業務。今ではその経験が現在の自分の糧となっていると言っても過言ではありません。

そう思えるようになるまでには、ライフステージの変化への不安や、ロールモデルを見つけないといけないのではなどと、悩むこともありました。そんな時に、「自分らしさ」を見失ってはいけないとアドバイスをもらったんです。自然体にやってみて、その結果としてどういう女性になるかに目を向けようと思える様になりました。持ち前のポジティブさと行動力を生かして、自分らしく、キャリアを創っていければと思います。

 株式会社eStream
株式会社eStream

FEATUReSでは今後も自分らしく活躍する女性社員をご紹介していきます。
どうぞお楽しみに。

女性が長く活躍するための当社の独自施策についても、あわせてご覧ください。
女性社員が自ら創る、新しいカルチャー ~女性が活躍できる環境づくり~

オフィシャルSNSアカウントで更新情報発信中
Page Top