Interview

既得権益がはびこる業界をどう発展させる?
原 晋 × 藤田 晋(後編)

【創立20周年記念 特別対談】

サイバーエージェント設立20周年を記念して、青山学院大学陸上競技部長距離ブロック 原晋監督と、青学出身 藤田晋のダブル“青学の晋”対談を行いました。

ふたりの“青学の晋”が語るリーダー論。原 晋 × 藤田 晋(前編)
 

Profile

  • 原 晋 (ハラ ススム)

    1967年 広島県生まれ。1989年に中国電力へ入社。
    2004年 青山学院大学陸上競技部監督に就任し、
    2015年の箱根駅伝で青山学院大学として史上初の往復路・総合優勝を果たす。
    以降、箱根駅伝でチームを四連覇に導いている。

  • 藤田 晋 (フジタ ススム)

    1998年、24歳でサイバーエージェントを設立し、
    2000年に当時史上最年少社長として26歳で東証マザーズ上場、2014年9月に東証一部へ市場変更した。
    創業から一貫して、インターネット産業において高い成長を遂げる会社づくりを目指し、
    「21世紀を代表する会社を創る」を会社のビジョンに掲げる。

「お前出すぎだ」と言われても、原監督がメディアに露出しつづける理由

―青山学院大学(以下、「青学」)の陸上競技部では選手が個人で発信をしたり、メディアに出ることも歓迎されていますけど、それもなかなか珍しいことですよね。
 
原:選手の発信文化は歓迎していますね。スポーツ発展のメカニズムはトリプルミッションといって、「勝利」「普及」「資金」の三要素を循環させることだと言われています。三要素を意識すれば能力も向上するし、組織の状態も仕上がってくる。特に「普及」の部分は確実に必要だと思っています。
 

―選手自身が目立ち、個性をアピールすることが、競技を普及させることにも繋がるということでしょうか?

原:はい。そもそも、人間は人から見られたり、責任を与えられると頑張るものだと私は思うんです。業界の中には、「余計なことを考えると競技に支障が出る」という旧態依然とした考えがいまだに蔓延しているけど、これ自体が古い体質の体育会系が息詰まるひとつの要因だと思います。

藤田:「AbemaTV」で六大学野球の中継をしていると、知っている選手、目立つ選手がいると強いな、とつくづく思います。青学は監督含めスター選手がいるから、箱根駅伝みたいな舞台を用意すれば自然と全体が盛り上がりますよね。

原:そうですね。サイバーエージェントでも社員が発信したり、目立つことは良しとされていますか?

藤田:名前が売れてない社員はどんどん売ってほしいという気持ちはありますね。もったいぶるのはそのあとでいい。 

原:目立ってくると自然といろんなオファーがきますからね。存在感のない組織の発展はないと思っています。

―おふたり自身のメディア露出はどうコントロールしているんでしょうか?
 
藤田:事業の成功と普及を目的に計画を立てています。特に普及に力を入れる時期は、自ら出て露出を図りますね。「AbemaTV」も、リリース当初は私が様々な媒体でサービスの可能性について話してきました。ただ、開局から2年が経ち、そろそろ自分ばかりが出ていくのは違うフェーズになったかなと思っています。
 
―原監督はワイドショーのコメンテーターもされていますよね? 大学陸上部の監督としては相当レアなケースだと思います。どんな狙いで受けたのでしょう?

原:少子化が進む中で、大学の志願者数はますます減っていく。何か手を打たないと10年後、20年後存続が難しいことは分かっているので、大学の存在感をもっと高めたいという狙いがありました。

私がメディアに出ると、必ず「青山学院大学陸上競技部」という所属もセットで出ます。テレビに出演することは、全国に「青山学院」の名前が拡散されることとイコールなんです。

藤田:実際、青学は駅伝の影響で志願者数が増えてますもんね。

原:一般・センター利用入試で見ると、2018年度は約6万3千人まで増えています。それでも地方では、「青山学院」という名称にピンとこない人も多い。人気の他大学に知名度で負けないためにも、普及させることは絶対に必要です。

メディアに出ることで「お前出すぎだ」と叩かれることもあるけど、もう慣れました。むしろ、テレビで話したコメントに対して反応がないと「面白くなかったのかな」という気持ちになるくらいで(笑)。

藤田:私も散々叩かれてきましたが、叩かれないと「新しいことをやれてないのかな」ってだんだん不安になってきます(笑)。ただ、叩かせようと思ってスキを見せると、逆に何も言われないんですけど。

業界の発展を本気で考えるなら、“稼ぐ”ことから逃げてはいけない

―ここからは少し突っ込んだ話になりますが、おふたりとも、業界の慣習や既得権益を守ろうとする人たちとの付き合い方はどうされてるんでしょうか? 
 
藤田:インターネットは新しい産業なので、会社にも基本的には若い人を集めてきたし、なるべく既得権益がはびこる世界には足を踏み入れないようにしていたんですよ。でも、規模を大きくしていくためには、そうは言っていられない。いまは付き合いの幅を広げていかないといけない、という意識はありますね。
 
―藤田社長はそういう人との付き合い方が上手な印象がありますけど、何かコツがあるんでしょうか?
  
藤田:特にないです(笑)。でも、あまりペコペコはしないですね。サイバーエージェントと付き合う意味が向こうにもあるはず。Win-Winの関係があるから成立しているので、“低姿勢”は大切にしつつも、必要以上に下手に出ることはないですね。
 
原:私は、あえて喧嘩を売ることもあります。怒るから本音で話せる時もあるので、「これはおかしいでしょ?」と直球で投げかけたり。そこで反応を見て、相手の力量を感じ取る。すっと逃げられることも多いですけどね(笑)。
 

藤田:最近色んな業界団体と付き合うようになって、派閥があったり、揉めてるところが本当に多いんだと知りました。陸上界は大丈夫なんですか?
 
原:いや、こちらも同じです(笑)。陸上界はトリプルミッションでいうところの「資金」を増やそうという発想がないんですよ。そうなると、「普及」させることよりも現場の「勝利」だけを求めようという話になる。日本の陸上界にも稼ぐ発想を取り入れないといけないと思っています。

藤田:業界を発展させるなら、資金面の充実は必須ですよね。大学はスポンサーをつけているんですか?

原:駅伝大会などで、大学がスポンサーをつけることはできないルールになっています。箱根駅伝では選手の手袋に「青山学院」と入れることすらも、コマーシャル効果になるからダメというわけですよ。

藤田:自分の大学のロゴすら入れられないんですね。

原:ちょっと信じられないですよね。記者会見で問題提起をしたら、やっぱり違和感を持つ人がいて議論になったので、今年から変わるかもしれないです。これが古い慣習を変える一歩になればいいのですが。

マイナーな陸上界、麻雀界をどう発展させる? ふたりが考える打ち手とは

―日本では野球やサッカーに比べると、陸上はマイナースポーツという印象が強いと思いますが、メジャーにしていく戦略はどう考えていますか?

原:陸上競技には、マラソンからトラック&フィールド※まで多種多様な種目があります。そこで私がやりたいことの一つが、スタジアムの観客席とトラックの距離をぐっと縮めること。トラック&フィールドは、間近で見た時の迫力や力強さがすごいんです。それがハンマー投げなら、相撲でいう砂かぶり席になるし、高跳びなら自分の目線のところにバーが来る。臨場感が違いますよね。そういう環境を整備したいです。

※トラック&フィールド:陸上競技の中でトラック競技とフィールド競技を合わせたもののこと

 ―藤田社長も、麻雀というジャンルを自らメジャーにしようとされていますよね。今後も麻雀業界への貢献を続けていくのでしょうか?

藤田:実は今度、私がチェアマンとして「Mリーグ」という麻雀のプロリーグを立ち上げることになりました。数年前から、プレイヤーとして私もいくつか大会に出場していますが、麻雀は究極の頭脳スポーツなんだと改めて実感しています。賭博のイメージを一新して、健全な麻雀環境を確立したいんです。

原:麻雀のメジャー化、かなり真剣に取り組まれてますよね。どうやって一新するんですか?
 
藤田:選手はスタイリッシュなユニフォームを着て、洗練された空間でリーグ戦を行います。もちろん賭博行為は一切禁止です。また、eスポーツのようにスポーツ感覚で競技を観戦する環境も整えようと思っています。

―大学駅伝は箱根をはじめ3大駅伝が有名ですが、駅伝の大会を新しく作るハードルは高いのでしょうか?
 
原:まず、交通整備や行政の規制の面でハードルがありますね。それでも誘致したいと手を挙げる地方自治体もあると思いますが、正直、せっかくやるなら盛り上げる施策が必要です。私だったら、京都御所から始まる「京都~大阪間」の駅伝大会を計画しますね。難波にある「なんばグランド花月」の前でゴール、です(笑)。

藤田:その大会、注目を集めそうですね。「AbemaTV」で中継したいな(笑)。

原:関西圏は活気を求めているし、可能性はあるかもしれないですよ。

―箱根駅伝以外でも、全国いろいろな場所で駅伝大会を盛り上げられるといいですよね。

原:ただ、それこそ駅伝にも既得権益がからんでいるので、開催するのはなかなか大変なんです。
  
藤田:原さんが業界のリーダーになったら変わるでしょうね。でも、トップになる直前はおとなしくしておいた方がいいかもしれません。会社でも、専務くらいでアクが強いと外される。上手い人はそこで死んだふりをして、社長になった瞬間に息を吹き返したように好き勝手やりはじめますから(笑)。
 
原:なるほど。わたしももっと大人にならないといけないですね(笑)。


インタビュアー:渡辺将基(新R25編集長)

Page Top