Interview

すべて自分の責任で、周囲を巻き込む。

2017年4月サイバーエージェントには301名の新入社員が入社しました。そのなかで「新人」という枠を超え、圧倒的な活躍をした社員の、リアルな1年をご紹介します。今年の4月に入社2年目となり「新人」は卒業。次の「新人」へ向けたメッセージです。

Profile

  • 中島豪太
    株式会社サイバーエージェント 広告事業本部 次世代ブランド戦略室

    2017年4月 株式会社サイバーエージェント 入社

1年半かけようやく引き出した「信じて任せる」というクライアントからの言葉

学生時代、知人とウェブサービスを立ち上げました。toCの事業を経験し、インパクトのある成果を出すなら、toBのほうが良いのではと考えました。大学ではマスメディアを研究し、広告への興味が高かったので、「toB事業」と「広告」の両軸を経験できるサイバーエージェントへの入社を決意。成長著しいインターネット広告領域でたくさんの新しい挑戦が出来ることに魅力を感じました。

広告事業本部の中でも、ブランド戦略室は、ブランド広告企業がメインクライアント。僕は営業担当として、これまでの広告の中核を担ってきた日本を代表する大企業に対して、サイバーエージェントのもつデジタル広告の知見や実績、自社メディアなど様々な資産をフル活用し、提案を行っています。

先日、あるクライアントと大型の取り組みが決まったのですが、僕が内定者アルバイトをしていた2016年からずっとチームで追いかけてきたプロジェクト。期間にしておよそ1年半です。常識の違いや、一筋縄ではいかない複雑な事象が多く、僕にとっては初めての経験ばかりの困難な道のりでしたが、1つ1つの丁寧な対話と対応が信頼となって積み重なり、実を結んだ成果だと感じています。

目的を果たすために出来ることを全部やる

クライアントとともに、既存の概念にとらわれず、1つ1つインターネット広告へのチャレンジを仕掛けていく今の環境は刺激的で、やりがいに溢れています。

その中で入社前と現在の大きな自身の変化は、「目的を果たすために出来ることを全部やる」とういこと。学生時代は、たとえば提案1つとっても、自分が正しいと思うことを理路整然と伝えることが絶対だと思っていたし、もしそれが相手に伝わらないのであれば相手が悪いと思っていました(笑)しかし、社会人となり仕事を通じて様々な経験をすることで、理屈だけでは通らない業界ごとの構造があることや、コミュニケーションのとり方の重要性、巻き込み力の必要性などを学びました。営業の仕事は、提案が形にならない限り、何もないと同じですし、そこに要した多くの人の労力が水の泡になってしまう。チームで仕事をし、自分の責任を果たすとはそういうことなのだと身をもって感じています。
これはすごく前向きな気付きで、そこを知ることで仕事がさらに楽しくなりました。

自分の責任で人を巻き込むことが1番の成長

仕事をする上で、「協力者を得ること」が何より重要だと考えています。インターネット広告のトレンドは常に進化しています。そのアップデート情報をすべて1人で習得することは非常に困難。だから僕は、わからないことがあれば、知見のある人に素直に聞くようにしています。有難いことに、営業、番組制作、イベント企画、クリエイティブ、テクノロジーなどそれぞれのプロフェッショナルが社内には沢山います。若手は、その教えてもらった内容を血肉化して、いつか次世代へと繋げていけばいいのではないでしょうか。

そんな風に周囲の協力を得るために、普段のコミュニケーションを通して、関係構築を大切にしています。本来、発信は得意なほうではないですが、自分のやりたいことや、成し遂げたいと思うことは、頻繁に伝えるようにしています。

前述と重複してしまうのですが、経験の幅に関係なく、プロフェッショナルとして自分が関わる場はすべて自分の責任。やり方はひとそれぞれでかまわないのですが、自分の責任で人を巻き込むことで、成長につながると思います。

Page Top