カルチャー

十人十色の女性の働き方を応援する組織
「CAramel(カラメル)」

現在、当社は様々な年齢やライフステージの女性が働いていますが、このたび、十人十色の女性の働き方を応援する組織「CAramel(カラメル)」が発足しました。

まずは、年齢や子どもの有無など当社女性社員の属性をご覧ください。

年代別

結婚

ママ社員

2017年9月末 サイバーエージェント籍女性社員 757人

様々な働き方を会社が理解し、
応援していく必要がある

「CArame(カラメル)」は、「女性社員のリアルな声を、経営層に届けたい」「女性社員同士の交流の機会を増やしたい」という想いのもと、今年9月の「あした会議」※で決議された女性横断組織です。その響きの通り「たくさんの女性社員同士の絡める場をつくる」という意味が込められています。

※あした会議:経営陣を中心としたチームで、サイバーエージェントの「あした(未来)」に繋がる新規事業案や中長期での課題解決案を提案、決議する会議。


「会社の規模や成長ステージにあわせて、新たな女性のロールモデルを増やし、また様々な働き方を会社が理解し、応援していく必要があると考えています。
そう話すのは、あした会議での本組織の発案者で、CAramel代表を務める若村です。

若村:「現在、全社横断で27名のCAramel運営メンバーがいて、今後”女性のお悩み相談所”となるべくイベント開催やコンテンツ発信を行っていきます。
自分がなりたいとおもえるロールモデルを見つけるための第一歩としてたくさんの女性社員に出逢える機会をつくることが重要だと思っています。」

CAaramel発の第一弾イベントを開催!
働き方、年次、ライフステージの異なる女性たちのホンネトーク

先日、CAaramel発の第一弾イベント「ホンマでっか!?CA女子」が開催されました。
働き方、年次、ライフステージの異なる4名の女性社員によるトークイベントで、募集人数50名をはるかに越える申し込みがあったことから、社内での注目度の高さがうかがえます。

イベントでは、産休復帰で人事にジョブチェンジした元エンジニア職の女性のキャリアの考え方や、名古屋在住の男性との結婚を機に退社ではなく名古屋支社設立をさせた話、女性特有の気分の浮き沈みを克服した自己分析方法など、「ホンマでっか?」という質問形式にそって、リアルで幅広いテーマのプレゼンテーションが展開されました。

 

参加者からは、

・パワフルな社員がたくさんいる会社だと改めて感じた。ここでなら自分らしく働いて行けそうだなと思うことができた

・リアルな体験談から今後のキャリアや結婚後の働き方のイメージがわいた。それぞれが自分のペースで働いていてキラキラしていた!

・自身のキャリアを見直す良い機会となった

・ママ社員や、子育てに理解のある環境があることがわかり、いつか自分が産休取得や職場復帰することになっても大丈夫と感じ安心した


といった満足の声が多数あがりました。

女性がイキイキと自分らしく働くことは、本人のみならず部署や会社全体の魅力にも影響するもの。
今後もFEATUReSではCAramelの活動をレポートしていきます。
 

オフィシャルSNSアカウントで更新情報発信中
Page Top