tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1
 
Interview

サイバーエージェントの
クリエイティブ力を引き上げる
執行役員の1年

当社初のクリエイティブ執行役員に就任して一年。

クリエイティブで勝負をするサイバーエージェントを創り上げるため、執行役員として取り組んだ様々な施策や意気込みについて伺いました。

Member

  • 佐藤洋介
    2012年に中途入社。「Ameba」のクリエイティブ統括室 室長として、様々なスマートフォン向けサービスのデザイナーを統括。現在はクリエイティブの執行役員として各サービスのUIデザインを監修。

執行役員になってから約1年が経ちますが、チーフ・クリエイティブディレクター兼執行役員として、藤田社長から求められている役割はありますか
 
執行役員として、社長からこういうことをやって欲しいと言われることはあまりないですが、会社全体のデザインクオリティをどうあげていくかという話はよくしますね。
“サイバーエージェントならではのデザイン”や “どこの会社と比べても独自性が発揮されているデザイン” を生み出すために、デザインに対して最適なアドバイスをし、結果として組織全体の意識をどう変えていくかが僕の役割になります。
 
僕自身は、社長直下の案件にかかわることが多いため、社長の藤田が作りたいもの、頭の中に思い描いている抽象的なものを様々な表現で具体化し、クリエイティブを見て経営判断がしやすい状態を最速で用意するとともに、クリエイティブとして“成立させる”という役割があります。

デザインクオリティの目線はどうやってあげていくのですか
 
サイバーエージェントのデザイン年鑑となるCreative Noteの冒頭にも書いたのですが、“常に時代をリードするクリエイティブを生みだすことは、我々サイバーエージェントのクリエイターにとって、使命ではなく、義務である”ということをメンバーに伝えています。
 
これがサイバーエージェントのクオリティだと明確に定義することは難しいし、デザインのクオリティを比較することも難しい。
ただ、デザインを見たときに、あっと驚くような体験だったり、他のデザイナーがこぞって真似したいと思うようなアウトプットができる組織になりたいと思っていますし、UIデザインにおいては「サイバーエージェントのあのアプリみたい」と言われるような、市場をけん引するクリエイティブを意識して制作するようにしています。
 
それと、サイバーエージェントのリブランディングを機に、NIGO®︎氏が全社ブランディングのクリエイティブディレクションに加わったことでみんなの意識が大きく変わりましたね。
 
身近なものや無難なものを作るのではなく、クオリティを上げるためならどんな手数をかけても、最高のものを求める姿勢を意識するようになりました。与えられたものの中で考えているだけだと新しいものは生まれません。
そういった意味でも、新しい基準を作っていくために、外からの影響を取り入れることはいいことだと思います。

組織のデザイン力を上げていくために、取り組んだ施策等はありますか。
 
現場に近い立場として、クリエイターの環境向上や組織作りなどの整備のために様々な施策を実施してきました。それはクリエイター自身のクリエイティブ力の向上のみならあず、その取り組みが経営を支える重要な動きにつながるように意識しています。
 
特にデザイナーのマネジメントに関する施策は積極的に行っています。
「デザイナーはデザイナーに従う」ってよく言うんですが、デザイナーのマネジメントはデザイナーでないといけないと思うんです。
先輩デザイナーはより高いクオリティでアウトプットし、後輩デザイナーは追いつき追い越せるよう努力する。デザイナー同士が切磋琢磨できる環境を意図して作るようにしています。
 
例えば、過去にはデザインセンター試験やデザイナーロワイヤルという施策を実施しました。
デザイナーロワイヤルは、社内のサービスを対象に、出されたお題に対して改善案を提案する会議なのですが、毎回多くのデザイナーが参加します。
これは提案したクリエイティブに対し、採点とフィードバックを行い、内容の優劣によってデザイナー同士が競争する場になっていますが、他の会社でこのような取り組みを行うと喧嘩になりかねないと思うんです。
ただサイバーエージェントの場合は、そういった競争の機会が多く開催されていることと、普段からコミュニケーション量が多いため、こういった取り組みもお互いの信頼の上に成り立っています。
こういった、デザイナー同士が切磋琢磨して頑張れる環境作りが重要ですね。

そういった施策は社長と共有しながら考えるのですか?それとも勝手に実行するのですか?
 
大半は勝手にやっていますね。
外部の施設や企業とコラボレーションするクリエイティブのイベントを行う予定があるのですが、これは、みんなでグループワークをしながら、普段のオフィスとは違う環境で創作を行い、施設や企業に関係する実制作作品を作り上げるところまで行う予定です。
予算上の承認を得るために、社長はじめ経営陣には「みんなで行ってきます」とは言いましたけど、「どうぞどうぞ」という返答でした。
ただ、勝手にやるだけではなく、僕らクリエイターがどうなったら快適に働けるのか、クリエイティブ力を強化していけるのか、一枚岩の組織を作れるのかを考え、指標を持って施策を進めるようにしています。
 

その他、施策以外の面でサイバーエージェントならではの環境や仕事の進め方の特徴はありますか。
 
経営層と近い距離でデザインできるというのが大きいですね。
各事業部に担当役員が必ずいて、役員自体もフットワークが軽いので、デザインの意思決定も早いです。
経営層の傍らでデザイナーが前に出てプロジェクトを進めるケースもあるので、そういう意味では重要なことだと思います。
 
月一で “サトウの日” というのを行っているんですが、ここでは提供している全サービスのクオリティのムラをなくし、デザインの品質保証をするために、社長と僕で打開策と改善策を出しています。
現場のデザイナーも時々参加し、直接フィードバックを聞く機会を設けているのですが、社長の求めるクオリティの目線を直接理解することは、デザイナー社員のモチベーションにもつながっています。
 
また、社長にデザインを見せる時にも、ユーザーが使うのと同じように、実際に動く画面で確認してもらうようにしています。
「やったものを持ってきて」と言われることが多く、それは経営層の意思決定がボトルネックになってはいけないという意味からなのですが、デザインする前から「これやっていいですか?」とデザイナーが聞くのではなく、フィードバックと意思決定がしやすいよう、実装されたものを確認してもらうようにしています。
この点は、他の企業とは大きく違うところではないでしょうか。

後は、エンジニアとデザイナーだけで画面を作って、走りながら作っていくのがサイバーエージェントのスタイルです。
最初から完璧に決め切らずに、ぼんやりしたものをみんなで掴み取りに行くような進め方なんですが、みんなで決め切って作り上げた分、組織力も高まります。
考えながら走っていると、仕様の変更が多いのも確かなのですが、二度手間になることを嫌がるのではなく、変化を楽しみながら一つ一つ対応して制作していくという意欲が重要になってきます。
逆に、変化に対応できず思考停止してしまう人たちは、サイバーエージェントのデザイナーとしてはあっていないかもしれないですね。

サービスを創る上で根本的なデザインの基になる考え方や、指針のようなものはありますか。
 
UXとかユーザビリティ、アクセシビリティのようなものは当然考えぬかれているべきものなんですけど、“あっと驚くもの” じゃないと、僕は意味がないと思っています。
 
ただ単に使いやすいものを作ってくれと求められたら、それはそれで作るんですが、サイバーエージェントクオリティってそうゆうことではなく、使い勝手もいいし、今までにない体験と心地よさを、トータルで考えてアウトプットできているかどうかが重要なんです。
多少、使いにくい一面があったとしても、それを凌駕する心地よさがあればいいと思うし、そこをまとめあげて提案するのがクリエイターの真骨頂だと思います。
奇抜なものさえ作ればいいのかという話でもないですが、凡庸か凡庸でないかという判断は、常にチェックしていますね。

最後に、今後クリエイティブの組織をどのように変えていきたいですか。
 
最終ゴールは、サイバーエージェントのデザイナーであるということを、サイバーエージェントのデザイナーが誇りに思う会社にしたいと思っています。
世にないものを創り出し、常に世の中をけん引する集団でありたいですね。
組織に誇りを持てるようにするのが僕の仕事です。
 
今後もずっと、サイバーエージェントからはクオリティの高いものしかリリースしたくないし、クオリティで見劣りするものは世の中に出したくない。
かと言って、現場のデザイナーにプレッシャーかけるわけではなくて、そのためのサポートは惜しまずやります。
 
外から見ても、ここ数年でのサイバーエージェントの変化は感じられるのではないでしょうか。
おかげさまで入社を志望してくれる方も増えています。学生の方にも、中途の方にも、サイバーエージェントで働きたいと思える環境を築いていきたいし、是非僕らと一緒にサイバーエージェントクオリティを作っていって欲しいと思います。

Page Top