このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

登壇

「Econ Fiesta」に AI Lab 研究員の冨田燿志が登壇いたします

AI Labの経済学チームとSansan株式会社のデータ統括部門「SansanDSOC」、株式会社エコノミクスデザインが共催する「Econ Fiesta」にAI Lab研究員 冨田が登壇いたします。


■Econ Fiesta
経済学者が産業界で活躍できるフィールドはここ10年で大きく広がり、社会課題やビジネス課題の解決に貢献しています。このトレンドを継続させ、さらに大きな流れとしていくべく、経済学者がテック企業をはじめ産業界でどのような研究や働き方をしているのかを紹介していく勉強会です。


登壇内容
  3月5日(金)19:25-19:45
「身近なところからはじめるマーケットデザイン」

ー発表概要ー
2012年にはマッチング理論とその実践に関する功績によりアルヴィン・ロスとロイド・シャープレーが、2020年にはオークション理論とその実践に関する功績によりポール・ミルグロムとロバート・ウィルソンがノーベル賞を受賞するなど、ミクロ経済学・ゲーム理論の知見を用いて実際の市場・制度を設計する「マーケットデザイン」は近年注目を浴びており、日本でもマーケットデザインの社会実装への取組みが進められている。だが、こうしたマーケットデザインの取り組みは、一般の私たちからはどこか遠いところで行われているものと感じられてはいないだろうか。 本発表では、「論文の投稿前に社内で相互にレビューする仕組みを作る」という身近な問題に発表者がマッチング・マーケットデザインの知見を活かして取り組んでいる実践例を紹介する。マーケットデザインはどこか遠いところでのみ取り組まれるものではない、一般の私たちから身近なところでも実践できるものであるということをお伝えしたい。


 
本勉強会はオンラインで開催予定です。
ぜひご参加ください。

勉強会詳細:https://sansan.connpass.com/event/203771/