このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

書籍

高野雅典が「計算社会科学入門」の執筆に参加しました

秋葉原ラボの高野雅典が執筆に参加した「計算社会科学入門」が1月27日に発売されます。
 

計算社会科学入門

計算社会科学とは、人間の相互関係によって成り立つ社会をデータに基づいて解明していく学問である。

この学問分野はコンピュータサイエンスや社会科学など様々な分野の研究者により進められている学際分野であり、研究を行うための基礎学問も多岐にわたり、すべてに精通することは難しい。

そこで本書は、計算社会科学を俯瞰的に捉え、主に技術的な側面から「計算社会科学とは何か」を紹介すべく企画された。執筆者には第一線の研究者を幅広く迎え、最新の情報や具体的な研究内容を交えつつ解説を行っている。この分野の教科書としてだけでなく、広く社会一般の読者に計算社会科学がどのような研究分野なのかイメージを持ってもらうことも本書の目的の一つである。

本書は幅広い読者による色々な読み方が可能であるが,計算社会科学への興味を掻き立て、学際領域ならではの研究の楽しさを味わい、またその理解を深める一助になれば幸いである。