このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

協賛

Visual Computing 2020(VC2020)のゴールドスポンサーを務めます

株式会社サイバーエージェントAI事業本部は2020年12月2日(水)~4日(金)にかけて開催される
Visual Computing(VC2020)」のゴールドスポンサーを務めます。


Visual Computing

VCは世界的にハイレベルなCG技術の研究開発から社会実装まで技術者、研究者、クリエイターが垣根を越えて幅広く議論できる、国内有数のコンピューター・グラフィックスの学会です。今年は新型コロナウィルス対策のためオンライン開催されます。
 
VC2020において株式会社サイバーエージェントは、スポンサー講演・論文セッション・企業セッションなど合わせて下記3件の発表を行います。
サイバーエージェントAI Labのメンバーだけで取り組んでいるものだけでなく、
3Dスキャニングから3DCGコンテンツの企画・制作を行う株式会社CyberHuman Productionsや産学連携先と進めている研究内容となっています。

民間企業の研究組織がどのようなデータで、どのような研究を行っているのか、興味をお持ちの方は
ぜひ発表にお越しください。
参加希望の方はこちらからご登録下さい。


【スポンサー講演】

日時 12月3日(木) 15:05-15:25 スポンサー講演
タイトル インターネット広告への3DCGの活用
講演者 山塚 博翔(AICG事業 フューチャーライブ事業部 開発チーム)
概要 スキャンシステムバーチャル撮影システムLED STUDIOなど最先端の設備や3DCGにおける高い技術力をどのように広告ビジネスに応用しているかご紹介いたします。


【論文セッション】

日時 12月4日(金) 9:00-9:45 論文セッション6 (顔) 
講演者 楊 興超 (AI Lab リサーチサイエンティスト)
タイトル 動画生成のための三次元顔変形モデル
概要 インターネット広告のように大量の動画制作が求められる場合、人物が出演する動画制作において撮影と編集に関するコストや工数が課題となっています。本論文では、この課題を解決し動画制作に応用することを目的に日本人女性を対象とした 3DMM (3D Morphable Modele:三次元顔変形モデル)と高品質データベースの構築についてご紹介いたします。
著者 楊 興超、山口 光太、齋藤隼介(University of Southern California)


【企業セッション】

日時 12月2日(水) ~12月4日(金):ポスター&企業セッション 
発表者 松崎 出愛、西山 遥
(AICG事業 デジタルヒューマン事業部  AIモデル生成グループ)
概要 企業やブランド毎のターゲティングに適したオリジナルのAIモデルを生成し、広告効果の出せるAIモデルへと育成をする「極予測AI人間」のバナー広告画像などの制作支援に関するCG/CVの研究についてご紹介いたします。


<関連リンク>

VC2020公式サイト:http://cgvi.jp/vc2020/
AI Lab公式サイト:https://cyberagent.ai/ailab/
株式会社CyberHuman Productions公式サイト:https://www.cyberhuman-productions.co.jp/