このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

登壇

第11回 対話システムシンポジウムにて3件の発表を行います

「第11回対話システムシンポジウム」にて、サイバーエージェントから産学連携の成果を含む3件の発表を行います。

「対話システムシンポジウム」は、人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)が開催しているシンポジウムの一つで、対話システムの研究者や対話システムに興味がある方々が集まり、活発に議論を交わす場となっています。

今回は、名古屋工業大学 李研究室との共著による発表1件と、子会社である株式会社AI Shiftによる発表2件を予定しており、データサイエンティストによるチャットボットサービスの課題解決に向けた取り組みを紹介します。
いずれも今後さらに発展させていく段階の研究ですので、当日はたくさんの方と議論できますと幸いです。

【株式会社AI Shiftの発表】
タイトル AIチャットボットのためのチューニング支援システム
著者 〇友松祐太,戸田隆道,杉山雅和(AI Shift)
発表概要 チャットボットがカスタマーの質問に網羅的に精度高く答えるためには、日々カスタマーの対話ログを分析しチューニングを行う作業が必須となります。今回の発表ではチューニング作業を効率的に行うための支援システムについてデモを交えて発表します。
日時 11/30(月) 11:00-12:00<ポスター・デモセッション2>
 
タイトル 自動質問応答における連続発話からの類義クエリ抽出
著者 ◯戸田隆道,杉山雅和,友松祐太(AI Shift)
発表概要 当社はチャットボットのメンテナンス作業の自動化について研究しています。今回の発表では人間の情報検索時の行動に着目した連続する発話からの類義表現の抽出と、抽出された表現の自動紐付けに向けた課題について発表します。
日時 11/30(月) 14:00-15:15<一般口頭発表1>

【産学連携先との共著による発表】
タイトル 自動音声応答におけるユーザー沈黙時の発話誘導
著者 〇西山達也,李晃伸(名工大) 戸田隆道,杉山雅和,友松祐太(AI Shift)
発表概要 コールセンターの自動応答システムにおいて、不慣れなユーザーが沈黙してしまい、サービスが進行できなくなってしまうという課題に着目した研究です。システムが積極的にユーザの次発話を促す発話誘導に関する手法について発表します。
日時 12/1(火) 11:00-11:50<一般口頭発表2>