このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

協賛

第19回 情報科学技術フォーラム(FIT2020)のゴールドスポンサーを務めます

株式会社サイバーエージェントAI事業本部は2020年9月1日(火)~3日(木)にかけて開催される「第第19回情報科学技術フォーラム(FIT2020)」のゴールドスポンサーを務めます。
 
FIT2020において株式会社サイバーエージェントからは、招待講演・インダストリアルセッションなど合わせて下記4件の発表が行われます。
発表内容にはサイバーエージェントAI Labのメンバーだけで取り組んでいるものだけでなく、産学連携で進めている研究テーマもございます。民間企業の研究組織がどのようなデータで、どのような研究を行っているのか。
興味をお持ちの方はぜひ発表にお越しください。

 

【トップカンファレンスセッション】

【タイトル邦題】  自己教師あり学習による変化領域の推論を活用した弱教師あり領域分割
概要 画像における物体のカテゴリ情報のみから領域分割を学習する手法を弱教師あり領域分割と呼ぶ。本研究においては、自己教師あり学習による変化領域の推論結果を活用することにより、弱教師あり領域分割の精度を向上させる手法を提案した。
講演者氏名 下田 和(サイバーエージェント AI Lab リサーチサイエンティスト
日時 9月1日(火) 13:10-13:30
URL https://gakkai-web.net/fit/program_web/event_TCS-21.html
 
【タイトル邦題】  映像要約評価の再考
概要 映像要約とは元の映像の重要なコンテンツを失うことなく、短い映像に編集する技術です。この研究では映像要約の評価に使われている2つの主要なデータセットを詳細に分析し、既存の評価手法の課題を明らかにします。
講演者氏名 大谷 まゆ(サイバーエージェント AI Lab リサーチサイエンティスト)
日時 9月1日(火) 14:10-14:30
URL https://gakkai-web.net/fit/program_web/event_TCS-21.html
 

【インダストリアルセッション】

【タイトル邦題】  CyberAgent AI Labの研究開発
概要 株式会社サイバーエージェントの研究組織AI Labでは人工知能技術でデジタルマーケティング領域の課題を解決することを目的に機械学習、画像認識、自然言語処理、コンピュータグラフィクス、計量経済学、ヒューマンコンピュータインタラクションなどの各領域で質の高い研究開発を進めています。このセッションではAI Labで取り組む研究の中でも広告表現を対象とした研究事例について紹介します。
講演者氏名 山口 光太(サイバーエージェント AI Lab リサーチサイエンティスト)
日時 9月1日(火) 13:15-13:35
URL https://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2020/splist-IndustrialSession.html


【AI TECH TALK】

【タイトル】  広告配信オークションにおける入札戦略
概要 サイバーエージェントでは、インターネット広告を主軸の1つとして事業を展開しています。インターネット広告の多くは、リアルタイムで行われるオークションによって取引が行われています。この広告オークションでは,非常に短い時間の中で,適切な意思決定を行う必要があります。本セッションでは,このような制約下で適応的に入札額を決定する入札戦略について,強化学習や最適化を用いた方法を中心として,いくつかの研究事例を紹介します。
講演者氏名 阿部 拳之(サイバーエージェント AI Lab リサーチサイエンティスト)
日時 9月1日(火) 12:15-12:30
URL https://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2020/splist-AITECHTALK.html
 

<関連リンク>

FIT2020公式サイト:https://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2020/index.html
AI Lab公式サイト:https://cyberagent.ai/ailab/