このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

登壇

AI Lab経済学チームの論文がKDD2020のワークショップ「AdKDD2020」に採択されました

AI Lab経済学チーム研究員森脇らの論文がKDD2020のワークショップAdKDD2020に採択されました。

「KDD」は実データを使った研究や実際のプロダクトでの応用を重視しているデータマイニング系のトップカンファレンスです。

「AdKDD」は2007年以降、オンライン広告に関する最新の課題・技術を議論する場として注目を集めているワークショップであり、GoogleやFacebook、Criteo、Yahoo!といった企業が参加しています。

今回採択された”Unbiased Lift-based Bidding System”は、広告表示による因果効果にもとづいた入札戦略を提案し、実プロダクトでの実装・実験によりその性能を評価したものです。従来研究では考慮されていなかった学習データのバイアスを取り除く工夫を行っています。

こちらの論文は サイバーエージェント AI事業本部 AI Lab 森脇大輔、AIRTRACK 早川祐太・宗政一舟と、インターン生の東京工業大学 齋藤優太さん、南カリフォルニア大学 松井暉さんの5名による共著論文となります。
 

KDD2020はオンライン開催となり、日本からでも参加が可能となりました。
ご参加いただく皆様、ぜひご覧ください。

公式サイト:https://www.adkdd.org/
論文リンク:https://arxiv.org/abs/2007.04002