12995_ext_05_0.png?e63e869fadf25bbb76b89e3116609dec

荒木佑太さん

京都大学

大学院では、生物学と情報学の間のバオインフォマティクスという分野で、DNAの文字列を解析するアルゴリズムを学ぶ。 インターンシップでは、「とにかく集中力を切らすことなく思考しつづけられる」ことが 社員からも非常に高く評価されました。 また、圧倒的なプレゼンテーション力も非常に印象的で 「一番記憶に残ったプレゼンだった!」と社員からもインターン生からも評判。 研究で培われた、タフなメンタルと持ち前のリーダーシップで今後の成長に期待が持てる学生。