• home.pngホーム    footpath_img.png    
  • ニュース・インフォ    footpath_img.png    
  • プレスリリース    footpath_img.png    
  • インターネットテレビ局「AbemaTV」がオリジナルドラマの脚本を募集 次世代の若い才能を発掘する「NEXT CREATOR'S COMPETITION」を開催決定

プレスリリース

一覧はこちら

インターネットテレビ局「AbemaTV」がオリジナルドラマの脚本を募集 次世代の若い才能を発掘する「NEXT CREATOR'S COMPETITION」を開催決定

大賞作品は2018年に「AbemaTV」のオリジナルドラマとして放送

13974_ext_05_0.png?d1aa04784357c0ce82873aa59be43ddf

株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、次世代の才能を発掘することを目的として「NEXT CREATOR'S COMPETITION」を開催し、2017年7月27日(木)より、オリジナルドラマの脚本募集を開始することを決定いたしました。
 
このたび開催が決定した「NEXT CREATOR'S COMPETITION」は、「AbemaTV」が次世代の才能を発掘することを目的として開催するもので、「AbemaTV」での番組放送や作品化を前提として、これをきっかけに若い世代の才能ある人材を発掘し、広く表現、発表する場を提供することを目指しています。今回はその第1弾「シナリオライター賞」として、脚本家に焦点をあて、オリジナルドラマの脚本を募集いたします。
 
募集テーマは「10代~20代の若い女性を熱狂させる恋愛ドラマ」で、「AbemaTV」の視聴ターゲットの中心でもある若年層の女性の心に刺さるオリジナルドラマ作品を生み出すことを目指しています。実際に、受賞作品は「AbemaTV」のオリジナルドラマとして2018年中の放送を予定してるほか、賞金として大賞には500万円、優秀賞には100万円が贈られます。なお、応募条件は、プロの脚本家を目指している方とし、1次審査応募にあたっては、作品企画書・作品情報とあらすじ、A4用紙でのプロット10枚のみで可能で、既存のコンクールや脚本賞と比較して、作品応募のハードルが非常に低いことが特徴となります。
 
今回の「NEXT CREATOR'S COMPETITION」では、審査員として、テレビドラマ「花より男子」シリーズ、映画『花より男子F』の脚本家で映画監督の宅間孝行さんをはじめ、10代の衝動を赤裸々に描いた映画『溺れるナイフ』を監督した、映画監督の山戸結希さん、映画『ヒロイン失格』の脚本家 吉田恵里香さん、処女作がフジテレビヤングシナリオ大賞佳作を受賞、テレビドラマ「せいせいするほど、愛してる」を共同脚本として手がけた脚本家 井上聖司さんなど、キャリアのあるベテラン脚本家の方から新進気鋭の若手のクリエイターまで多彩な審査員陣が審査に参加いたします。また、35歳以下の方を応募の対象としており、若者独自の感性でインターネットテレビ局という新しいフィールドにおいて、既存のメディアでは表現しきれかなかった斬新なテーマや尖った切り口など新しい視点での作品が生まれると共に、新しい才能の輩出にも繋がることを期待しています。
 
「AbemaTV」では、現在、バラエティを中心にオリジナル番組を制作、放送していますが、2017年8月以降、バラエティに加えてオリジナルドラマも積極的に制作していくことが決定しており、続々と発表を予定しています。今後も、「AbemaTV」では、多くの方に楽しんでいただける番組ラインナップやコンテンツの拡充を行うと共に、「AbemaTV」ならではの魅力的な番組づくりを行ってまいります。
 
 

審査員からのコメント

13974_ext_10_0_L.png?0e4ee1c00f658820d743c24967ba419a

<審査委員長>
株式会社AbemaTV代表取締役社長 藤田晋 (株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長)
「AbemaTV」は開局から1年が経ち、まだまだこれからですが、順調に成長してまいりました。私たちは、インターネット発の“マスメディア”を目指す上で、日本中の人を惹きつけるようなオリジナルのヒットコンテンツを「AbemaTV」から生み出すことが重要だと考えています。今回は「10~20代の女性を熱狂させる恋愛ドラマ」をテーマに脚本を募集します。いつの時代も、若者たちを熱狂させ、世の中に旋風を巻き起こすドラマ作品がありました。みなが多くの時間をスマートフォンと向き合う時代に、未来を担う若いクリエイターと、新しい世界を切り拓く「AbemaTV」でしか作ることのできないオリジナルドラマが生まれることを期待しています。


<客員審査委員>
●脚本家・監督・俳優  宅間孝行
俺は30を過ぎてから書き始めました。自分は書けるとは思ってなくて。今だに書くのは辛くて大変で。だけど根性で頑張ってます。そうなんです。書くのは才能じゃなく根性です。絶対おもろいモンを作ってやるぞ、という根性。500万取ってやるぞ!という根性。これさえあれば絶対書ける!僭越ながら楽しみにしてます。
 
●映画監督  山戸結希
たった一人にしか、描けない世界があるのだと思います。みんなにわかってもらえなくても、数値化できなくても、その人にとっては、かけがえのない恋のように。心臓が破けるような、たった一人の熱から生まれる物語に出会えたならと願います。言葉の連なりにふるえながら、それが映像に立体化される季節を想いながら。審査員として、恋に落ちるような脚本に出会えることを楽しみにしています。
 
●脚本家  吉田恵里香
尋ねられると困る質問のひとつに「脚本家になるにはどうすれば良いか」があります。資格免許が必要な職業ではない。作品の規模やいくら稼いでるかで判断するのも何か違う。結局のところ、自分で胸を張って「脚本家です」と名乗れるかどうかなんじゃないかなと私は思います。Abemaシナリオ大賞を勝ち取って、大きな自信を手に入れませんか?胸張って「脚本家です」と名乗ってみませんか?沢山のご応募お待ちしています!
 
●脚本家  井上聖司
僕は、テレビドラマをリアルタイムで見る事があまりありません。なぜなら、スマホで好きな時間に見られるからです。そんな時代にマッチしたドラマの在り方の1つが、ネットドラマだと思っています。若者はテレビから離れ、スマホに寄り添う。しかし、若者が熱狂するようなドラマを書ける、若い脚本家がいない。そんな中、このようなコンテストが設けられ、まさに時代の転換期であると感じています。新しい時代を作っていくのは、いつの時代も若者です。共に切磋琢磨し、面白いドラマを作りましょう。
 
●放送作家  鈴木おさむ
僕がこれまで何度も言ってる言葉をここで伝えます。「やる」と「やろうと思った」の間には大きな川が流れてる。世の中のほとんどの人が、やろうと思った、で終わる。これまで何度も脚本や物語を、やろうと思った、で終わらせてた方。あなたのやろうと思ったを、やる、に変える最大のチャンス。最初はみんな素人!このチャンスを使って、今の「位置」から、はみ出せ!!
 
 

「NEXT CREATOR'S COMPETITION」 ~シナリオライター賞~ 開催概要

13974_ext_10_1_L.png?b132a61b903210b93e9f9ceec3af8e7e

<スケジュール>
1次審査    9月上旬から順次開始
2次審査    9月下旬~10月下旬
最終審査  10月下旬~11月上旬
大賞発表  11月上旬
 
※応募数、作品内容により、スケジュールは変動することがございます。また、大賞及び佳作の最終発表以外は、審査通過につきましては運営事務局より、個別のご連絡とさせていただきます。
 
<1次募集期間>
2017年7月27日(木)~9月15日(金)24時まで
 
<募集テーマ>
10~20代の女性を熱狂させる恋愛ドラマ   ※8話程度の連続ドラマを想定
 
<1次審査応募方法>
専用のエントリーフォームから必要事項を記載の上、以下4点の応募データを添付しご応募ください。
作品企画書 (A4サイズ 1枚)
あらすじ (A4サイズ 1枚800文字以内)
作品情報 (A4サイズ 2枚)
プロット (A4サイズ 10枚>
 
<応募資格>
・年齢35歳以下(2018年3月31日時点)
・プロの脚本家を目指している方
・大賞及び優秀賞を受賞した場合、「AbemaTVオリジナルドラマ」としての脚本開発にご参加可能な方

 
<賞金・受賞特典>
 ・大賞(1名)
  賞金 500万円、2018年度内に「AbemaTV」オリジナルドラマにて映像化予定
・優秀賞(数名)
  賞金 100万円
 
※優秀賞の受賞人数は応募状況により変動する可能性があります。
※受賞された場合は、企画開発会議への参加やリサーチ、脚本制作などにも全面的に参加協力いただきますので、その旨をご了承いただいた上でご応募ください。


<審査委員>
・委員長: 
  株式会社AbemaTV 代表取締役社長 藤田晋 (株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長)
 
・客員審査委員:
  脚本家・監督・俳優  宅間孝行 (テレビドラマ「花より男子」シリーズ(脚本))
  映画監督 山戸結希 (映画『溺れるナイフ』)
  脚本家 吉田恵里香 (映画『ヒロイン失格』)
  脚本家 井上聖司  (テレビドラマ「せいせいするほど、愛してる」)
  放送作家  鈴木おさむ
 
・選考委員
  AbemaTVプロデューサー陣
 
詳細情報やスケジュールなどについては、特設サイトにてご確認ください。
特設サイト:https://ncc-scenario.abema.tv/
 
 

「AbemaTV」について

「AbemaTV」は、“無料で楽しめるインターネットテレビ局”として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月11日(月)に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約30チャンネルを全て無料で提供し、2017年7月時点でダウンロード数が1,900万を突破するなど、急速に利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Google Cast」や「Amazon Fire TVシリーズ」などテレビデバイスへの対応も強化しています。その他にも、縦画面視聴への対応や新機能「Abemaビデオ」の追加など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みを積極的に行っています。なお、Abema会員の新規登録でいつでも、「Abemaビデオ」のすべてのコンテンツが見放題となるプレミアムプランを1ヶ月無料でご利用いただけます。
 
※画像をご使用の際は、【(C)AbemaTV】のクレジット表記をお願いいたします。
 

「AbemaTV」概要

  • 名称

    「AbemaTV(アベマティーヴィー)」

  • 配信

    PC(ブラウザ)/ Google Play /App Store  / Amazon Appstore
     

  • 推奨環境

    ・PC版
     推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降 
     推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、
              Internet Explorer 11以降(Windows)
     推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player
    ・Androidスマートフォン/タブレット
     推奨環境:Android4.4以降
    ・iPhone/iPad
     推奨環境:iOS9.0以降のiPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini
    ・テレビ
     Amazon Fire TV
     Amazon Fire TV Stick
     Android TV
     Apple TV(第4世代)
     Google Cast (推奨環境:第1世代以降)
     

  • 利用料金

    無料