プレスリリース

一覧はこちら

MOZZ TOKYO、YouTube向け6秒動画広告「Bumper(バンパー広告)」に特化した動画制作パッケージ「6's(シックス)」を提供開始

13912_ext_05_0.jpg?b828062ca1f73118cd1720414d65adca

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社MOZZ TOKYO(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大岩 裕和)は、YouTube向け6秒動画広告「Bumper(バンパー広告)」に特化した動画制作パッケージ「6's(シックス)」の提供を開始いたします。


MOZZ TOKYOは、企業のブランディングに特化して動画広告の制作を行うクリエイティブ・プロダクションです。動画において制作実績が豊富な約300名の映像クリエイターネットワークを構築しており、本ネットワークを活用して動画広告の企画から撮影、制作、編集まで一貫して提供を行っています。

動画広告市場の成長が著しい昨今、国内における2017年の動画広告市場は1,100億円規模に、2020年には2,000億円を超えると予測されています。 (*1) またスマートフォンやソーシャルメディアの普及により、ユーザーのオンライン動画視聴が急速に拡大する中、簡潔で印象的なメッセージを使用し、企業ブランドの認知度を高めることを目的とする短尺動画が注目を集めています。

このような背景のもと、当社ではYouTube向け6秒動画広告「Bumper(バンパー広告)」に特化した動画制作パッケージ「6's(シックス)」の提供を開始いたします。
「6's(シックス)」では、企業の特性やニーズを踏まえた上で当社が独自で開発した約20種類の動画テンプレートを活用することにより、動画広告に使用できる素材が豊富ではない広告主に対しても、スピィーディーに訴求力の高い動画を制作出来るのが特徴となっています。なお、より多彩な表現による動画広告の制作を実現するため、動画テンプレートの拡充を随時行う予定となっております。

今後もMOZZ TOKYOでは、「世界に通用する動画ブランドを創る」をビジョンに掲げ、制作実績が豊富な約300名の映像クリエイターネットワークを活かし、動画広告における独自のクリエイティブソリューションの開発・提供を積極的に行ってまいります。

*1 2016年国内動画広告市場調査より
https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=12795

■「6's(シックス)」について