プレスリリース

一覧はこちら

サイバーエージェント、アドテクノロジー事業の開発拠点をシンガポールに設立

~アドテクスタジオにてグローバルブランドのブランドマーケティングをサポートするサービス開発を強化~

13825_ext_05_0.png?d0c46efc7b5975e85d6e6ed3fb1c350a

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、アドテクノロジー事業の拡大とグローバルブランドのブランドマーケティングをサポートするサービスの開発強化を目的として、アドテクスタジオのシンガポール支部を2017年6月15日に設立いたします。

2020年には東南アジア全体でもデジタル広告が53.5%を占めると予想される中、今後、東南アジアにおいてデバイスとインターネットがさらに拡大し、さらなる経済成長が見込まれると共に、グローバルブランド広告の出稿ニーズの高まりが想定されます。(※1)

このような背景のもと、当社のアドテクスタジオでは数多くのグローバル企業が拠点を置くシンガポールにブランディングテクノロジー専門の開発部門を設立し、CPA(Cost Per Action)やCPI(Cost Per Install)を指標とする従来のDSPでは解決できなかった課題をカバーする、グローバルブランド広告に適したサービスの開発を行います。現地に開発拠点を設立することにより、グローバルブランドを展開する企業や広告代理店のニーズを直接サービスに反映させてまいります。

アドテクスタジオは今後も高度なアドテクノロジーを活用し、付加価値の高い広告開発に努めます。

 

 

※1出典: Interactive Advertising Bureau 「eMarketer and IAB Singapore Release Southeast Asia Ad Spend Forecast」 (2017年2月6日)

■アドテクスタジオとは

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織。2013年10月1日の設立から現在では5つの子会社を包括し、約180名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、DMPなど約20サービスを提供しております。