• home.pngホーム    footpath_img.png    
  • ニュース・インフォ    footpath_img.png    
  • お知らせ    footpath_img.png    
  • CAリワード、ノンインセンティブ成果報酬型広告向け アドフラウド対策システムの利用社数が1ヶ月で100社を突破

お知らせ

一覧はこちら

CAリワード、ノンインセンティブ成果報酬型広告向け アドフラウド対策システムの利用社数が1ヶ月で100社を突破

13843_ext_05_0.png?dbb5dd55e3aea4e4549fe033ed4940d7

 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)の、アドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、連結子会社である株式会社CAリワードの不正利用検知・対策の研究組織「BOSATSU®」が提供するノンインセンティブ成果報酬型広告(※1)向けアドフラウド対策システムの利用社数が、1ヶ月で100社を突破したことをお知らせします。
 
 近年、海外やホスティングサービスからのアクセス、ボットと呼ばれるユーザーでない存在からの機械的な大量クリックなど、不正アクセス(アドフラウド)の増加が課題となっています。2016年には、全世界の被害額は72億ドルにも上ると言われています。(※2)
 
 これまで、CAリワードでは2017年3月にノンインセンティブCPIの提供を開始して以来、複数の海外アドネットワークとの連携を強化し、不正なアクセスやクリックを行うボットのデータを共有するなど不正対策の強化に取り組んでまいりました。
 予定していた海外アドネットワーク各社との連携を終え、5月(※3)に正式発表を行ってから1か月で導入企業数が100社を突破した当システムは、ボットなどによるNHT(Non-Human Traffic:ユーザーからではない広告接触)(※4)を検知し、不正判定したアクセスをクリック時点でブロックすることで、企業にとって不正なトラフィックの発生を削減します。当システムは計測ツールに到達する前に不正トラフィックを検出・除外することが可能なため、企業の負担となっていた、広告効果の測定ツールのコスト削減も同時に実現が可能です。
 
CAリワードでは、今後も高度なアドテクノロジーを活用し、更なるサービスの拡充をするとともに、運営ネットワークの取り扱いメディアのさらなる拡大を図って参ります。
 
※1 ノンインセンティブ成果報酬型広告とは、広告へのアクションに対し、ユーザーへポイントなどのインセンティブを提示しない成果報酬型の広告を指します
 
※2 ANA The Bot Baseline: Fraud in Digital Advertising Advertisers will lose $7.2 billion globally to bots in 2016 (http://www.ana.net/content/show/id/botfraud-2016) (2017年6月15日)
 
※3 リリースURL:https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=13687
 
※4 ボットやアドウェアなどにより、実際のユーザー以外によって機械的に生成されるトラフィック



■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では5つの子会社を包括し、約180名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、DMPなど20サービスを提供しております。