お知らせ

一覧はこちら

「Ameba芸能人・有名人ブログ」月間人気記事ランキング1位は小林麻央さん

新規アメブロ開設は、横山だいすけさん、映画『昼顔』オフィシャルブログなど総勢159名

13674_ext_05_0.jpg?23f1a6f1e1e0d7114ff72990f01751e7

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)が運営する「Ameba」は、2017年4月のオフィシャルブログの人気記事ランキングを発表するとともに、この直近1ヶ月に新たにオフィシャルブログを開設した159名の中から、注目の方をご紹介いたします。

ランキング 名前 記事タイトル
1 小林麻央 一緒に泣くこと
2 市川海老蔵 ここ8日
3 川崎希 ご報告♡
4 辻希美 入学式♡♡♡”
5 小林麻耶 献血
6 アレクサンダー ご報告です。
7 平愛梨 Date(o^^o)ポッ)
8 ダイアモンド☆ユカイ  俺の妻
9 佐々木健介 旅立ち
10 北斗晶 1番初めに泣いたのは…

※記事アクセスランキングに同一ブログでの複数記事がランクインした場合は、一番アクセスが高い記事のみを対象としています。

2017年4月のランキング1位は、3月に続き小林麻央さん。体調が優れない中、看病をされるお母様への感謝の気持ちを綴った記事には多くの励ましの言葉が殺到し、1万件を超えるコメントがつきました。2016年9月にブログを開設以降、高い頻度で更新を続けており、4月28日(金)には通算300記事目の記事を更新されています。2位には市川海老蔵さんが、8日間離れて過ごしているご家族に会いたい気持ちを写真と共に綴った記事が、5位には小林麻央さんへの献血を感謝する姉の小林麻耶さんの記事など、小林麻央さんを支えるご家族の様子を伝える記事がランクインしています。9位、10位は佐々木健介さん、北斗晶さん夫妻のカナダへ留学する長男の見送りの様子と子供が旅立つ心境をそれぞれの視点で書いた記事が続けてランクインしました。
 
また、「Ameba」では、2017年4月に新たに159人の方がオフィシャルブログを開設しています。4月29日(土)には、NHK『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさんを務めた横山だいすけさんがブログ開設、10日目となる5月8日(月)には読者数が10万人を突破するなど、開始早々に大きな話題を集めています。また、オリジナルで書き下ろされた架空のスピンオフストーリーが展開されている映画『昼顔』公式ブログなど、様々な分野で活躍されているバラエティに富んだ方々がブログをオープンしています。

 

■新規開設ブログ (一部紹介、敬称略)

13674_ext_10_1_L.jpg?9d30b1840b959eea1739044ab242cf2b

※開設日順
フランケンシュタインの恋 『怪物日記』
綾野剛さんが主演するドラマ「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系)の公式ブログ。撮影の様子やアメブロ限定画像などもアップされている。

立石俊樹 『立石俊樹オフィシャルブログ』
ミュージカル『テニスの王子様』に出演する俳優。ブログではテニスの王子様舞台に対する意気込みなどを更新している。

古川雄大 『古川雄大オフィシャルブログ』
ミュージカル俳優として活躍。ブログでは俳優・ミュージシャンとして情報の他に食べたスイーツなど、日常の様子を綴っている。

那須川天心 『志高き道のり』
現役高校生キックボクサーにしてチャンピオン。ブログには試合のことに加え高校生活についても書かれている。

吉川愛 『吉川愛オフィシャルブログ』
TGC CAMPUSに出演が決定している女優。ブログでは仕事に対する意気込みや日常についてを書いている。

映画「昼顔」 『平日午後3時の隣人日記』
映画『昼顔』の架空のスピンオフストーリー。主人公紗和と夫が暮らしていたマンションの隣人の日常がドラマ版昼顔とリンクしながら展開されている。

岩立沙穂 『発声練習、はじめま~す 』
AKB48 チーム4メンバー。ブログでは趣味だという駅弁を食べた時のことや日々の出来事を長文で綴っている。

横山だいすけ 『横山だいすけオフィシャルブログ』
NHKの番組『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさん。ブログではうたのおにいさんを卒業してからの仕事について綴っている。読者数はすでに10万人を突破している。
 
「Ameba」では、2017年4月現在、オフィシャルブログを展開する芸能人・有名人は、20,000人以上にも及び、月間100名以上の方が新たにブログを開設、アクセス数も成長を続け、ブログで発信される情報からたくさんの新たな話題が生まれています。今後も「Ameba」では、ブログの積極的な開設やブログを楽しんでいただくための取り組みを積極的に行い、更なる活性化を図ってまいります。