プレスリリース

荒牧慶彦、佐藤流司らが出演 堤幸彦が同性同士の恋を描いた『Online♥Reading「百合と薔薇」Vol.01』を 6月20日(土)&21日(日)の2日間にわたり「ABEMA」で無観客生配信決定

堤幸彦「オンラインで戻ってきた!これを楽しまなくてどうする」

動画

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、6月中旬にリリースされる新機能「PayPerView(ペイパービュー)」を使い、堤幸彦さんが同性同士の恋を描いた『Online♥Reading「百合と薔薇」Vol.01』の模様を2020年6月20日(土)と21日(日)の2日間にわたりオンライン無観客生配信することを決定いたしました。

この度オンライン生配信が決定した本朗読劇は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、舞台・音楽ライブの中止が相次ぐなど、俳優やアーティストをとりまくエンターテインメント産業が大きな変化を迎える中、無観客であってもオンラインにて生配信することで、舞台の力によって多くの方に笑顔や元気になっていただきたいという願いのもと開催が決定いたしました。

数多くのドラマ・舞台を手掛けてきた堤幸彦さんの演出と川尻恵太さんの脚本で、同性同士の恋をテーマに誰しもが共感し、応援したくなる、ピュアな恋を描くというオリジナルの朗読劇『百合と薔薇』。昨年2019年の初公演では、俳優、声優、アイドル、芸人、2.5次元界などのキャストが日替わりで総勢38名出演、さらに同性愛を真正面から描く内容と、異例尽くしの舞台に、反響が広がりました。

今回のオンラインライブでは、「リモート時代」最先端のアイデアで勝負。キャストに、荒牧慶彦さん、佐藤流司さんらを迎え、一味も二味も違う新たな魅力の『Online ♥ Reading「百合と薔薇」Vol.01』を6月20日(土)と21日(日)の2日間にわたり(各日1回)生配信を行います。朗読劇の生配信後には、堤幸彦さんと出演者による「オンライン反省会」の配信も予定しており『Online ♥ Reading「百合と薔薇」Vol.01』の世界観をより深くお楽しみいただけます。

本配信は、エンターテインメント産業における収益化のデジタルシフト支援を専門に行う株式会社 OEN(※1)の協力の元、「ABEMA」の「PayPerView」機能にて、各公演600円(税込)(ABEMAコイン500コイン相当)で視聴することができます。(※2)リアルタイムで生配信を見ることが出来なかった方は、放送中の番組を最初から視聴することができる「追っかけ再生機能」、配信終了後には6月28日(日)までタイムシフトにてお楽しみいただくことも可能です。また、応援してサポーターになれる「応援機能」(※3)で集まった応援金は、『Online ♥ Reading「百合と薔薇」Vol.01』の運営に役立ててまいります。

本配信に先駆け、演出・堤幸彦さんは、「オンラインで戻ってきた!これを楽しまなくてどうする」とコメント、出演者からのコメントも公開いたします。(※以下、コメント全文)

今後も、「ABEMA」ではアーティストのライブ、イベント、スポーツ興行、ファッションショー、舞台など多彩な新時代のオンラインライブコンテンツを視聴いただける「PayPerView」だからこそ楽しめるコンテンツ拡充や、利便性を高めるための取り組みを積極的に行ってまいります。


(※1)株式会社OENは、高品質なライブ配信やチャンネル月額課金での動画配信のほか、プロジェクト支援(投げ銭)、オンラインサロン、EC物販など、エンターテインメント産業のデジタルシフトを推進し、新たな収益機会の創出を応援する、サイバーエージェントの子会社です。
(※2)「PPV(ペイパービュー)」のコンテンツは、ABEMAコインで購入後ご視聴いただけます。詳細はABEMAコイン購入ページをご覧ください。
(※3)「応援機能」は、「ABEMA」で放送される番組や出演者にスタンプを送ってサポーターになることができる機能です。スタンプ購入には、「ABEMAコイン」を利用します。(※「応援機能」はスマートフォンアプリでのみご使用いただけます。

<演出・堤 幸彦コメント全文>

ちょうど1年前、猛烈に楽しみながら演出させていただいたReading♥Stage「百合と薔薇」がオンラインで戻ってきた!爆笑でホロリとさせる川尻恵太氏のストーリーはなにか《男♥心》をクスグりまくり、リーディングなのに《網膜に飛来するイメージ》が超現実的!そして今回のキャスティングはどうだ!華麗なる2.5次元のスター諸君と超飛び道具の二人!これを楽しまなくてどうする!ぜひとも《生配信》でお楽しみいただきたい!!座して待て!!!

<出演者コメント>

【6月20日(土)公演】
▼荒牧慶彦
小気味良いテンポの良い掛け合いと、先の読めない展開でどんどんと話が進んでいくので話が気になってのめり込んでいく。とても面白いお話です。
今までやったことのない役所なので演じるのが楽しみです!

▼有澤樟太郎
Online♥Reading「百合と薔薇」に出演させていただきます有澤樟太郎です。また新たな作品との出会い嬉しく思います。この期間お芝居に触れられないのが悔しかったので、機会をいただけたことにとても感謝しています。オンライン朗読劇という自分自身新たな挑戦、存分に楽しみ、新たな面白さを引き出したいです。初めましての方もいる中、モニター越しでの4人芝居、そして、一度きり…どうなるのでしょうか…勝負です。是非たくさんの方に届くこと願っております。

▼阿久津仁愛
今回Online♥Reading「百合と薔薇」に参加させていただきます。
そして、オンラインでの朗読劇ということで新たなことにチャレンジ出来ることすごく幸せです。「百合と薔薇」という素敵な作品に携われること、素敵なキャストのみなさんとご一緒出来ること嬉しく思います。
堤監督、共演者の皆様とも初めてご一緒させていただくので沢山の事を吸収して成長できるように全力で楽しみながら頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします!!

▼小林顕作
百合と薔薇ということは、当然そういう事なんですね!
百合には百合、薔薇には薔薇の趣があって、それぞれの花言葉、愛、愛故の、…    頑張ります!


【6月21日(日)公演】
▼北園 涼
まずこの時期にお芝居ができる環境を作ってくださった事に感謝し、演じられることを嬉しく思います。まだまだ気の緩みを許さない事態ではありますが、このお芝居が皆さんにとって少しでも楽しい時間になり、心を豊かにするものになるように、自分自身もこの時間と出会いを大切に演じさせていただきます!

▼佐藤流司
どうも皆さまご無沙汰しております。佐藤流司です。
オンライン朗読劇、やらせていただきます。
久しぶりの涼くんとの共演に、血沸き肉躍るといった心情で御座います。
池田さん、そして小西さんは初めましてですが、一方的に存じ上げておりましたので、共演させていただけるこということで、そちらも非常に楽しみです。
一足先に台本も読ませていただきましたが、ありがたい事に今回の役もまた新鮮で、新しい挑戦になるかと思います。
皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

▼小西詠斗
Online♥Reading「百合と薔薇」に出演させていただきます、小西詠斗です。
厳しい状況の中、このような形でまた演劇が出来ること、とても嬉しく思います!
初めての朗読劇、そして豪華なキャストの皆さんなので楽しみと緊張でドキドキしています。
お芝居が出来る事に感謝し、そして皆さんに楽しんでいただけるよう一生懸命頑張ります!
よろしくお願いいたします!

▼池田鉄洋
ヤバいです。小西詠斗くんは『白雪とオオカミくんには騙されない』を見てからの大ファンですし、劇場版パタリロのたった3秒の出番で魅力満開だった佐藤流司くんとの共演も悲願でしたし、『舞台版こち亀』以来の北園涼くんとの掛け合いも絶対楽しいはずだろうしで、ほんとヤバいです。私ごのみのキャスティングで、私ごのみの内容なので、本番中に素でニヤニヤしてしまいそうで、かなりヤバいです。  

■『Online ♥ Reading「百合と薔薇」Vol.01』 概要

配信日時:2020年6月20日(土)夜9時~夜11時
     2020年6月21日(日)夜9時~夜11時
     ※2日間、計2回公演です。
視聴料金:各公演600円(税込)(ABEMAコイン500コイン相当)
販売期間:2020年6月17日(水)15:00~6月28日(日)23:59
※「PayPerView(ペイパービュー)」は一部デバイスではご視聴いただけません。
※「PPV」は「ABEMA」コインでの購入となります。「ABEMAコイン」はスマートフォンアプリもしくはPCから購入いただけます。
※ご購入いただいた方は放送後6月28日(日)23:59までは何度もご覧いただけます。
※配信中のご購入も可能です。配信中に購入した場合は、購入時点での配信でお楽しみいただけます。
※「ABEMAプレミアム」の方もコンテンツごとのご購入が必要となります。
※本配信は、国内でのみお楽しみいただけます。


<出演者>
6月20日(土)公演  荒牧慶彦/有澤樟太郎/阿久津仁愛/小林顕作
6月21日(日)公演  北園 涼/佐藤流司/小⻄詠斗/池田鉄洋

<スタッフ>
演出:堤 幸彦 
映画監督・演出家。
1955 年生まれ、愛知県出身。
1995 年、演出を務めたドラマ『金田一少年の事件簿』が高い評価を獲得。 以降、『ケイゾク』『トリック』『池袋ウエストゲートパーク』『SPEC』などヒットドラマを手がける。 映画監督としても『20 世紀少年』シリーズ、『明日の記憶』『BECK』『イニシエーション・ラブ』『天空の蜂』『真田十勇士』『人魚の眠る家』、『十二人の死にたい子どもたち』など、 多ジャンルの話題作を数多く手掛ける。
次回作には映画『望み』、映画『ファーストラヴ』(共にKADOKAWA)の公開が控えている。
また、舞台ではこれまで『琉球ロマネスク テンペスト』『悼む人』『真田十勇士』『魔界転生』等を演出。 

脚本:川尻恵太 
脚本家・演出家、SUGARBOY 主宰。 1981 年生まれ、北海道出身。
2000 年に北海道・札幌で劇団ギャクギレを旗揚げし、2010 年の解散までほぼすべての作品の脚本・演出を担当。
2006 年に上京後、ラーメンズ及び、小林賢太郎作品の演出補、エレキコミック、エレ片の構成作家を務め、お笑いから演劇まで 幅広い作品を発表してきた。2018 年 10 月にふぉ~ゆ~主演「放課後の厨房男子」(脚本)、
11 月に「体内活劇『はたらく細胞』」(脚本)を手掛けた。

■「ABEMA」について

「ABEMA」は、2016年4月に本開局した、テレビ&ビデオエンターテインメントとして展開する動画配信事業。国内唯一の緊急・速報をはじめとした24時間編成のニュース専門チャンネルや、オリジナルのドラマや恋愛リアリティーショー、アニメ、スポーツなど、多彩な番組をお楽しみいただけます。また、オリジナルエピソード数は国内発の動画サービスで日本No.1(※1)を誇り、総エピソード数は常時26,000本以上を配信。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレット、主要なテレビデバイスにも対応し、いつでもどこでも、様々なシチュエーションで利用することができます。
さらに、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や、放送中の番組を最初から視聴することができる「追っかけ再生機能」など、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。
(※1) 2020年5月時点、自社調べ

■「ABEMA」概要

名称 「ABEMA(アベマ)」
配信 ブラウザ/ Google Play /App Store / Amazon Appstore
推奨環境 :
・ブラウザ(パソコン)
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)
・ブラウザ(スマートフォン/タブレット)
推奨OS:Android 8.0以降、iOS 11.0以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版(Android)、Safari最新版(iOS)
・Androidスマートフォン/タブレット
Android 5.0以降
・iPhone/iPad
iOS 11.0以降のiPhone(5S以降)、iPad(第5世代以降)、iPad Air、iPad mini(2以降)
・Fire タブレット
Fire OS 5.6.0以降
・テレビ
シャープ AQUOS
ソニー BRAVIA®
パナソニック VIERA
船井電機 funai
東芝 REGZA
・セットトップボックス
レオパレス21 LifeStick
Amazon Fire TV 4K
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
AppleTV (第4世代)
CCCAIR AIR Stick 4K
Google Chromecast (推奨環境:第1世代以降)
・スマートスピーカー
Amazon Echo Dot
Amazon Echo
Amazon Echo Plus 
LINE Clova Desk
利用料金 無料
※サービス名称の表記にご注意ください。
○「ABEMA(アベマ)」   ×「Ameba(アメーバ)」

※画像をご使用の際は、【(C)AbemaTV,Inc.】のクレジット表記をお願いいたします。