tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1 このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

お問い合わせ

 

プレスリリース

国内初、スマートフォンにてアプリとウェブを横断したリターゲティング広告配信を実現

~横断による相乗効果で、より高精度なターゲティングが可能に~

インターネット広告事業(AD)

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、国内初の取り組みとなる(※1)、スマートフォンデバイスにおけるアプリとウェブを横断したリターゲティング広告を実現するSDKの提供を開始いたしました。
 
このたび提供を開始するSDKは、当社が開発した独自の技術(特許出願中) (※2)により、スマートフォンアプリを利用したユーザーと、スマートフォンデバイスにてウェブサイトを閲覧したユーザーの識別を行うことが可能となり(※3)、アプリとウェブを横断したリターゲティング広告の配信を実現いたします。
本SDKを導入いただくことで、広告主企業は、これまでのターゲティング広告で実現できなかった、スマートフォンアプリのマーク(※4)を活用したウェブ面への広告配信や、ウェブサイトのマーク(※5)を活用したスマートフォンアプリ面への広告配信が可能になります。今後も増加を続けるスマートフォンアプリ利用ユーザーを対象に、高精度なターゲティング広告の配信を実現し、広告主企業の広告効果の最大化に貢献いたします。
一弾として、当社が提供する3つのアドテクノロジー広告にて、本SDKを活用したリターゲティング広告の配信を2015年2月末より開始いたします。

・スマートフォン向けアドプラットフォーム「AMoAd(アモアド)」
・スマートフォンに特化したダイナミックリターゲティング広告 「Dynalyst(ダイナリスト)」
・成果報酬型DSP 「Smalgo(スマルゴ)」

アドテクスタジオでは今後も、本SDKの活用・配信対応ネットワークの拡大を加速させると同時に、更なるサービス開発・拡充に努めてまいります。

※1 2015年1月末時点 当社調べ
※2 スマートフォンにおいて、ブラウザを利用したときの閲覧情報と、各アプリを利用したときのそれぞれの閲覧情報が、同一のスマートフォンによるものかどうかを判別する技術です。当社独自の技術で、特許出願中です。
※3 本SDKにて取得する情報により、閲覧の有無を識別する照合をしても、個人を特定することはありません。また、広告の閲覧者にわかるようオプトアウト導線を設けるなど適切に取り扱います。
※4 スマートフォンアプリにおけるマークはIDFA、AdvertisingIDを使用いたします。
※5 ウェブサイトにおけるマークはCookieを使用いたします。

■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織。ダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」、成果報酬課金型DSP「Smalgo」、プライベートDMP「RightSegment」をはじめ、既存プロダクトの「AMoAd」「CAMP」や「CAリワード」といったアドテクノロジーを開発し、現在7つの子会社を含み、計20サービスを提供しています。

紹介画像

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社サイバーエージェント アドテクスタジオ 広報担当
E-mail  : adtechstudio_pub@cyberagent.co.jp