• home.pngホーム    footpath_img.png    
  • ニュース・インフォ    footpath_img.png    
  • プレスリリース    footpath_img.png    
  • 株式会社オウルデータの連結子会社化および商号変更について~マルチデバイスに対応したデータマネジメントソリューションを展開~

プレスリリース 広告情報

一覧はこちら

2014年2月19日

株式会社オウルデータの連結子会社化および商号変更について~マルチデバイスに対応したデータマネジメントソリューションを展開~


株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード 4751)は、2014年2月17日付けで株式会社オウルデータ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田祐一)の発行済み株式を取得し、連結子会社化するとともに、同社の商号変更および役員異動を実施いたしました。

近年、インターネット広告において、広告効果の最大化やメディアの収益最大化という観点から、アドテクノロジーの重要度が高まっております。中でもマルチデバイスマーケティングにおいては、企業のサイトに訪れたユーザーのデータや、広告配信のデータを管理・分析し、リアルタイムにユーザーを判断し、施策の最適化を行うことは必要不可欠なものとなっております。

サイバーエージェントは2013年10月に「AMoAd」や「CAリワード」「CAMP」といった当社のアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織アドテクスタジオを設立し、アドテクノロジー商品の開発強化を行っております。その一方でオウルデータ社は、多くのDSP(※1)や、アドネットワークなどと接続が可能なDMP(※2)を提供しており、このたびの連結子会社化に伴い社名を「株式会社RightSegment(読み:ライトセグメント)」と変更し、今後サイバーエージェントのアドテクスタジオにおける、高度な広告ソリューション開発を通じて、企業の広告効果の最大化やメディアの収益最大化が可能なマルチデバイス対応のプライベートDMP「RightSegment」として、サービスの提供を行ってまいります。

なお、同社の連結子会社化による、今期の当社連結業績への影響は軽微であると予想されます。

※1 DSP(デマンドサイドプラットフォーム)とは
広告のインプレッションが発生するたびに閲覧ユーザーや掲載面などの情報を分析し、リアルタイムにバイイングから広告配信までを行う広告主向け統合プラットフォームです。
 
※2 DMP(データマネジメントプラットフォーム)とは
企業やメディアが保持するオーディエンスデータを統合・管理し、様々なターゲティング配信を可にするプラットフォームです。

当該連結子会社の概要  2014年2月17日現在

140219_graph.png
本リリースに関するお問い合わせ
株式会社サイバーエージェント
アドテクスタジオ・広報担当
E-mail:adtechstudio_pub@cyberagent.co.jp