tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1 このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

プレスリリース

「天下統一クロニクル」にて、岩手県とパートナーシップ協定を締結

岩手県の偉人・名産品がカードになって登場するコラボレーション企画を展開

Ameba

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)が提供する、利用者数110万人以上のスマートフォン向けご当地バトルゲーム「天下統一クロニクル」は、岩手県とパートナーシップ協定を締結し、岩手県の偉人・名産品がカードになって登場するコラボレーション企画を2013年4月26日(金)より展開します。
 
「天下統一クロニクル」は、全47都道府県の中から選択した県にゆかりのある戦国武将や偉人、特産品などが描かれたカードを集めながら他県のプレイヤーと戦い、同じ県を選択したプレイヤーと共に47都道府県の中で1位を目指すゲームです。このたび、2013年4月26日(金)から5月17日(金)までの間、岩手県の全面協力のもとコラボレーション企画を実施します。本企画では、岩手県の観光課と共同で岩手県の盛岡、八幡平、花巻などの5エリアをゲーム内のステージとして展開いたします。それぞれのエリアでは、見どころである観光名所を紹介しながら、まるで岩手県を旅しているような感覚でゲームを進めることができます。また、各ステージでは、岩手県の名産品である「盛岡冷麺」や、「いわてまち焼きうどん」などが「天下統一クロニクル」のキャラクターとなって登場します。
 
今回のイベントは、ご当地バトルゲームならではのコラボレーション企画となっており、今後、全国各地の地方自治体と共同でイベントを実施するなど新しい取り組みを積極的に展開すると同時に、更なるサービスの活性化を図ってまいります。

「天下統一クロニクル」×岩手県 コラボレーション企画
実施期間:2013年4月26日(金)から5月17日(金)
 
実施内容:
・「岩手県」の観光名所が特別エリアとして登場
・"わんこきょうだい"や岩手の名産品がカードとなって登場


 
■「天下統一クロニクル」とは
スマートフォン向けコミュニティ&ゲーム SNS「Ameba」にて展開する、ご当地バトルゲームです。全 47 都道府県の中から、出身地や居住地など愛着のある県を選び、その土地にゆかりのある戦国武将や偉人、特産品などが描かれたカードを集めながら他県のプレイヤーと戦い、同じ県を選択したプレイヤーと共に 47 都道府県の中で 1 位を目指します。同じ県のプレイヤーと地元の話題で盛り上がるなど、ゲームを通じたコミュニケーションも魅力の一つで、2012 年 8 月の開始以来、人気を集め、現在は 110 万人以上のユーザーが利用しております。
 
■関連 URL 
※スマートフォンからのみアクセス可能

 

紹介画像

リリースに関するお問い合わせ先

株式会社サイバーエージェント Ameba広報担当