このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

プレスリリース

AIで育成する「広告効果の出せるAIモデル」 効果予測AIで企業やブランド毎に適したAIモデルをオリジナル生成する「極予測AI人間」の提供開始

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、AIを活用し広告クリエイティブを制作する「極予測AI」の効果予測技術と、株式会社CyberHuman ProductionsのデジタルヒューマンCG制作技術を用いて、企業やブランド毎のターゲティングに適した人物モデルをオリジナル生成し、さらにAIで「広告効果の出せるAIモデル」へと育成していく「極予測AI人間(キワミヨソクエーアイニンゲン)」を11月より提供いたします。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、広告・プロモーションに必要な素材の撮影や人物モデルを起用した撮影が短縮・中止されるなど、撮影の時間や場所など多くの制約が続いています。特に人物モデルの撮影は難易度が高く、企業のイメージやターゲットに合ったモデルの選定、スケジュール調整に撮影スタジオの環境整備、撮影に伴う移動や拘束時間の調整、海外在住のモデルを起用することが難しいなど、現在も多くの課題を抱えています。

さらに、運用型広告では広告効果を維持するために、多種多様かつ大量な広告クリエイティブを短期間で制作しなければならない上、迅速なクリエイティブ運用が重要ですが、撮影自体が制限される昨今の状況下では、様々な衣装や髪型、ポージングや背景が異なる人物モデルの追加撮影ができず、人物素材を追加で準備すること自体が困難です。

このような背景のもと、当社ではGAN(敵対的生成ネットワーク)による架空のAIモデルの大量生成と「極予測AI」の効果予測を何度も繰り返すことで、企業やブランド毎のターゲティングに適した「オリジナルのAIモデル」を生成し、さらにAIで「広告効果の出せるAIモデル」へと育成していく「極予測AI人間」を11月より提供いたします。本技術は現在特許出願中です。(2020年10月現在)
GANで架空のAIモデルを大量生成
GANで架空のAIモデルを大量生成
「極予測AI人間」により、企業ブランディングに適したモデルの制作キャスティングおよび、多種多様な髪型・ポーズ・ファッション・シチュエーションの表現や、コロナ禍で起用が難しい外国籍のモデルも生成が可能です。撮影や表現の様々な制約や契約条件にとらわれることなく、広告クリエイティブを制作することができます。

また、企業やブランド毎に配信メディアの特性やターゲット属性なども考慮し、AIモデルの服装や髪型などを作り分け、広告クリエイティブを制作し配信いたします。これにより高い広告効果が見込めるとともに、さらに、広告配信後の実績データも「極予測AI」の効果予測AIに組み込むことで、オリジナルのAIモデルを「効果の出せるAIモデル」へとAIで育成してまいります。

細かなターゲット設計が必要な人材・通販・金融・マッチング業界などをはじめ、多くの業種において、広告クリエイティブによる広告効果向上の貢献が期待できます。

GANによるAIモデルの生成技術および「極予測AI」の効果予測ロジックは、当社のAI研究開発組織「AI Lab」と共に開発し、その専門性をプロダクト開発に活かしております。さらに当社ではクリエイティブ専門子会社を多数保有しており、3Dスキャン技術やデジタルヒューマンのCG制作を強みとする株式会社CyberHuman Productions等と連携し、「バーチャル撮影システム」や「LED STUDIO」を活用した撮影を行なうことで、より多くの素材データを作成し、多種多様かつ高品質な広告クリエイティブ制作が可能です。

このような取り組みや「極予測AI人間」を通し、当社は今後も高い技術力をいかした新しいクリエイティブの価値提供を目指すとともに、広告主企業のみなさまの広告効果最大化に尽力してまいります。