このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

「AJA SSP」がアドベリフィケーション対策ソリューション「HYTRA API」のアドフラウド機能と連携

広告主のブランド保護強化およびさらなる広告取引の透明性向上へ

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社AJA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野屋敷健太)は、メディア向けに提供する「AJA SSP」において、Momentum株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 高頭 博志、以下モメンタム)の提供するアドベリフィケーション対策ソリューション「HYTRA API」との連携を開始いたしました。

「AJA SSP」では、これまでも独自の厳格な審査基準にもとづいたメディアのリクルーティングを行うほか、独自ロジックによるアドフラウド(*)の排除や特定のカテゴリーに属する記事面への配信機能提供など広告掲載における安全性を高める取り組みを行っておりましたが、この度、広告主のブランド保護強化および広告取引の透明性向上を目的に、「HYTRA API」と連携いたしました。

「HYTRA API」は、広告配信プラットフォーム向けにプラグインにて利用できるブランドセーフティ・アドフラウド対策のサービスです。モメンタム独自の開発技術により、広告配信におけるフィルタリング機能と不正クリック等のアドフラウドを除外し、無価値な広告配信を防ぐことができます。

この度の連携により、モメンタムが提供するサイト解析エンジンを用いて「AJA SSP」に参画するメディアの広告掲載面をURL単位で解析し、ブランド価値毀損リスクを回避した広告の配信および無効なインプレッションへの入札を防ぐことによって、広告効果の最大化を図り、広告主企業のROI向上に努めてまいります。

株式会社AJAでは、これまでサイバーエージェントがメディア運営において培ったノウハウや技術力を強みに、優良なメディアの収益向上支援および健全な広告取引を推進していきます。


(*)BOTなどの機械による不正アクセスによって広告の表示回数・クリック数が計上されてしまうこと