このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

Googleショッピング広告のインプレッションを最大化させるサービス「GMC Maximizer」にて、 新たに動的リマーケティングのフィード修正が可能に

先行テストでは、広告配信可能アイテム数127%の増加に成功

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、インターネット広告事業にて提供する、Googleショッピング広告のインプレッションを最大化させるサービス「GMC Maximizer(ジーエムシー マキシマイザー)」において、新たに動的リマーケティングのフィード修正に対応したことをお知らせいたします。

提供する「GMC Maximizer」は、Googleショッピング広告のフィード内容の不備によって発生する審査落ちを解消し、広告配信可能アイテム数の増加を図るサービスです。
これまではGoogleショッピング広告のフィードのみに対応しておりましたが、今回の機能拡張により、新たに動的リマーケティングのフィードにおいても不承認アイテムの取得・修正が可能となりました。
Googleショッピング広告同様に、今までフィード内容の不備で配信に至らなかったアイテムを配信させることが可能となり、成果獲得の最大化を見込むことができます。
なお、本サービスを導入した先行テストでは、広告配信可能アイテム数が使用前に比べ127%になるなど、アイテム数の増加に成功しております。
今後、「GMC Maximizer」は新規出店店舗のGoogle Merchant Centerへの店舗自動追加機能の開発も予定しており、新機能の提供を始めとしたさまざまな取り組みを通して、広告主企業の皆さまの広告効果最大化に尽力してまいります。