このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

「AbemaTV」が「Amazon Fireタブレット」への対応を開始 いつでもどこでも楽しめる、マルチデバイス対応を強化

動画

株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「Amazon Fireタブレット」への対応を2018年11月1日(木)に開始することをお知らせいたします。

「Amazon Fireタブレット」は、美しいディスプレイ、高速プロセッサを搭載したAmazonが提供するタブレットで、薄くて軽く、耐久性に優れているので、持ち運びでき、あらゆるエンタテインメントを備えているので外出先でも自宅でもいつでもどこでもコンテンツを楽しむことができます。このたび「AbemaTV」が「Amazon Fireタブレット」に対応することで、「Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10」の3種類すべてのタブレットで、「AbemaTV」の番組をどこでもお楽しみいただけるようになります。

「AbemaTV」では、「Amazon Fire TVシリーズ」や「Google Cast」、「ソニー 4Kブラビア®」などのテレビデバイスやiPadなどマルチデバイスへの対応強化をはじめ、バックグラウンド再生、通信量節約モードなど、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みを積極的に行ってまいりました。今後も、「AbemaTV」はインターネットテレビ局という全く新しいスタイルの動画サービスとして、生活の中に深く浸透したサービスになることを目指し、コンテンツ拡充や新デバイスや新たな技術への対応、機能追加など積極的なサービス開発を行ってまいります
 

■「AbemaTV」について

「AbemaTV」は、"無料で楽しめるインターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Amazon Fire TVファミリー」や日本国内主要メーカーのテレビデバイスにも対応しています。その他にも、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や見逃した番組をいつでも楽しめる「Abemaビデオ」のテレビデバイス対応など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。

「AbemaTV」概要

名称 「AbemaTV(アベマティーヴィー)」

 
配信 PC(ブラウザ)/ Google Play /App Store  / Amazon Appstore
 
推奨環境 ・ブラウザ(PC)
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、Internet Explorer 11以降(Windows)
推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player

・ブラウザ(スマートフォン/タブレット)
推奨OS:Android8.0以降、iOS11.0以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版(Android)、Safari最新版(iOS)

・Androidスマートフォン/タブレット
推奨環境:Android4.4以降

・iPhone/iPad
推奨環境:iOS9.0以降のiPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini

・Fireタブレット
推奨環境:Fire OS 5.6.0

・テレビ
シャープ AQUOS
ソニー 4Kブラビア®
パナソニック 4K ビエラ(新対応)
レオパレス21 LifeStick
Amazon Fire TV 4K
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
AppleTV (第4世代)
CCCAIR AIR Stick 4K
Google Chromecast (推奨環境:第1世代以降)

・VRデバイス
 Google Daydream View 
 OS:Android7.0以降

・スマートスピーカー
 Amazon Echo Dot
 Amazon Echo
 Amazon Echo Plus
利用料金 無料