このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

「コンタクトセンター・アワード2018」で「Ameba」がテクノロジー部門賞を受賞 AIチャットボットを導入し解決時間の大幅短縮と顧客満足度の向上を実現

メディア

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、運営するサービス「Ameba」が「コンタクトセンター・アワード2018」(主催:株式会社リックテレコム「月刊コールセンタージャパン」、共催:イー・パートナーズ有限会社)において、テクノロジー部門賞を受賞いたしましたのでお知らせいたします。

 「コンタクトセンター・アワード2018」は、企業で運営されているコールセンター(コンタクトセンター)における業務改善の取り組みを申請し、参加者同士が相互に評価しあうオープン形式の表彰制度です。このたび「Ameba」は、技術利用に関する施策と成果に焦点をあてた取り組みの審査を行う「テクノロジー部門」に、「BOT/チャットを成功に導くために必要な4つのこと」と題して参加し、テクノロジー部門賞を受賞いたしました。

 同施策は、ヘルプページにAIチャットボット(提供:AIメッセンジャー)を導入し、Amebaへのログインにお困りの方に対して有人でのチャット対応を行ったものです。

 これらの取り組みの結果、ログインに関する有人でのチャット対応では、メールでのお問い合わせに比べ、解決時間を大きく短縮し、チャットならではの親しみのある対応で、顧客満足度の向上を実現いたしました。AIチャットボットを最大限に生かすことができている事例、成果とそのポイントが、多くの参加企業様の共感を得て高く評価され、受賞に至りました。

 「Ameba」は、今後もユーザーの皆様に、さらに満足度の高いサービスをご提供することを目指して、さまざまな取り組みを実施してまいります。