このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

プレスリリース

CyberBull、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手 3DCGで駅や空港など幅広いロケーションを再現

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)の連結子会社で動画広告に特化した広告代理事業を行う株式会社CyberBull(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中田大樹 以下CyberBull)は、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手することをお知らせいたします。

■バーチャルスタジオ開発の背景
広告のデジタルシフトが進み、日本の広告費においてインターネット広告費が2017年に1兆5,094億円と4年連続の二桁成長(※)となる中、生活者のモバイルシフトに伴う動画広告の拡大が顕著となっております。これに伴い、新しい動画メディアの登場やデジタルの特性を生かした動画広告商品が次々と登場しております。

このように広告を取り巻く環境がデジタル向けに変化する中、動画広告の制作のあり方もデジタルに適した体制に変化するため、クリエイティブプロダクションを内製化するCyberBullでは、3DCG技術を活用したバーチャルスタジオを2019年内の実用化に向け開発してまいります。

■バーチャルスタジオ概要
バーチャルスタジオとは、駅や空港、マンションのモデルルーム等のさまざまな空間を3DCGによって構築するバーチャル空間上のスタジオです。
同時に、現実空間においても専用の撮影スタジオを用意し、バーチャル空間を再現したロケーションと人物等の実写の被写体をリアルタイムに合成しながらの撮影を可能にします。

-メリット
・3DCGによって駅や空港など、撮影許可の取りづらいロケーションも再現が可能。
・ひとつのスタジオで複数のロケーション撮影が可能で、美術や小道具、移動コストが不要。
・天候に撮影スケジュールを左右されることなく、出演者や撮影スタッフの負荷を軽減。

撮影シーン例

 

活用シーン イメージ

今後もCyberBullでは、ブランディング広告における動画活用のニーズに応えるため、より幅広い表現の映像クリエイティブの提供を目指し、新たな映像制作システムの開発や制作体制の強化に取り組んでまいります。

※2017年『日本の広告費』より


■株式会社CyberBullについて
サイバーエージェントの100%子会社として、2015年に設立した動画広告を専門とするインターネット広告代理事業会社です。動画広告のための撮影スタジオ"CyberBull Studio"を所有し、企画から撮影、編集、広告配信まで一気通貫したサービスを提供しています。
年間7,200本を超える動画広告の制作・運用の実績を持ち、ダイレクトマーケティングからブランディングまで幅広い広告主企業のビジネス支援に取り組んでいます。