このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

国内ナンバーワン小学生プログラマーを決める「Tech Kids Grand Prix」決勝プレゼンテーションの会場と賞金総額100万円を発表

新たに渋谷区、東京急行電鉄株式会社が賛同を表明

CA Tech Kids

小学生向けプログラミング教育事業の株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、主催する小学生のためのプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix(テックキッズグランプリ)」の決勝プレゼンテーションを、2018年9月24日(月・祝日)に渋谷ヒカリエ内ヒカリエホールA(東京都渋谷区)にて開催することを発表いたします。また、決勝プレゼンテーションで入賞した小学生に対し、総額100万円におよぶ賞金の贈呈を決定いたしました。

「Tech Kids Grand Prix」は、21世紀というこれからの時代を担っていく、すべての小学生に向けたプログラミングコンテストです。 『21世紀を創るのは、君たちだ。』 をスローガンに掲げ、VISION(ビジョン:子どもたちの掲げる夢や実現したい世界観)、PRODUCT(プロダクト:夢を実現するクリエイティブなアイデアとそれを体現した作品)、PRESENTATION(プレゼンテーション:自身のビジョンやプロダクトを社会に発信していく姿勢)の3つの観点から、審査を行います。
 当コンテストは「ゲーム部門」、「自由制作部門」の2部門からなり、C, C++, C#, Java, JavaScript, Kotlin, Perl, PHP, Python, Ruby, Swiftなどのプログラミング言語、もしくはビジュアルプログラミング言語「Scratch」で開発された作品を広く募集いたします。応募資格は「2018年時点で小学生であること」(生年月日が2006年4月2日~2012年4月1日の方)としており、それ以外の要件は一切不問となります。 

この度、当コンテストの決勝プレゼンテーションを2018年9月24日(月・祝日)に渋谷ヒカリエ9階ヒカリエホールAにて開催する運びとなりました。1990年代後半より「ビットバレー」と呼ばれ、日本のIT企業が集まっていた渋谷は、近年スタートアップから大手IT企業まで様々なITビジネスが創出される街として再び注目をされております。現在、渋谷では100年に一度と言われる駅周辺再開発事業が進行しており、クリエイティブコンテンツ産業の企業誘致や交流創造拠点の活性化等の取り組みにより、「世界のSHIBUYA」へ進化させる試みが進んでおります。多様なカルチャーとテクノロジーが結びつき、時代を反映するクリエイティビティやイノベーションが生み出される渋谷の街が持つ、世界への情報発信力は、「21世紀を創る次世代のイノベーター」発掘の場にふさわしいと考え、渋谷で開催することを決定いたしました。これに伴い、本コンテストを渋谷の街全体で盛り上げるべく、東京急行電鉄株式会社から支援をいただくほか、渋谷区、渋谷区教育委員会からも後援を頂戴いたします。さらに、グーグル合同会社「Google Play」より、本コンテストの審査員としての協力を得る運びとなりました。

本コンテストは7月23日(月)をもってエントリーを締め切り、一次審査を開始いたします。多くの小学生の挑戦をお待ちしております。