このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

スマートフォン特化型SSP「CA ProFit-X」、ブランド価値毀損となる違法・有害サイトを除外

~新機能「ProFit-X Brand Safety(プロフィットエックスブランドセーフティ)」を開発~

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、スマートフォン特化型SSP 「CA ProFit-X」において、広告主のブランド価値を毀損する恐れのある違法・有害サイトの徹底除外をおこなう新機能「ProFit-X Brand Safety(プロフィットエックスブランドセーフティ)」を開発し、適用を開始したことをお知らせいたします。

近年、インターネット広告市場の拡大に伴い、ブランド広告主のインターネット広告活用が増える一方で、アドネットワークを通じた広告掲載先として不適切なWebメディアへ掲載されるリスクがあることが課題となっております。

広告掲載先として不適切なメディアには、犯罪を助長する違法媒体やポルノコンテンツを含む媒体、反社会的活動をする媒体、ヘイトコンテンツが多い媒体などが挙げられ、このような不適切なWebメディアへの広告掲載により、広告主のブランド価値を毀損し、広告主企業へ大きなダメージを与えてしまう可能性があります。

このような背景のもと、サイバーエージェントではクライアント企業のインターネット広告の出稿に伴うブランド価値毀損を未然に防ぐため、これまでの広告配信実績により蓄積したブランド価値毀損を生む可能性のある配信先リストの作成や、これらのリストをもとにした除外配信、24時間365日での人的な配信面の監視などを行ってまいりました。

今回、当社が提供するスマートフォンメディア向けSSPである「CA ProFit-X」においても、新たに新機能「ProFit-X Brand Safety」を開発し、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(以下 JIAA)から提供される違法・有害サイトの情報やサイバーエージェント内で蓄積したリストに加え、ProFit-X独自に除外リスト内のメディアと関連性が高いと判断した違法・有害サイトは、指定サイトのドメイン単位で対応し、除外をおこないます。

これにより、SSPを導入する際の媒体審査時点で、「違法・有害サイト」に指定されている媒体は取引先として認定しないだけでなく、追加指定された媒体は、随時配信対象先から除外してまいります。今後は「違法・有害サイト」の監視システムを構築するほか、ドメイン単位よりもさらに細かい除外設定機能を2018年秋予定にて導入いたします。

「CA ProFit-X」は今後も、違法・有害サイトの除外と共にアドベリフィケーションツール導入を実施し、広告主が安心して広告を配信できる健全なプロダクト運営を進めて参ります。

■CA ProFit-Xについて
「CA ProFit-X」は、「スマートフォン x インフィード」に特化しサービスの提供を開始した国内最大級のサプライサイドプラットフォーム(SSP)です。現在は、宣伝予算のデジタルシフト化に向けて動画広告配信在庫の拡大に注力しており、同じ広告枠で「動画広告」「ネイティブ広告」「バナー広告」を横断したオークションを実現しております。


■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野をはじめ、AI・ロボットサービス分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。
2013年10月1日に設立し、現在では4つの子会社を包括し、約200名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、AI・ロボットサービス事業などの約20サービスを提供しております。