このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

お知らせ

新R25総研が20代ビジネスマンの仮想通貨保有実態を調査。保有率は14%、うち4分の1は投資初心者であることが判明

メディア

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社 新R25は、「R25世代」と呼ばれる20代の若手ビジネスマンのライフスタイルや消費行動の調査・分析を行う「新R25総研」にて、全国の25~30歳の男性有職者を対象に「仮想通貨に関するアンケート調査」を実施し、その結果を発表いたしました。

【調査トピックス】
■R25世代の男性のうち、仮想通貨を保有・または運用している割合は14%
■仮想通貨保有者の9割以上が「投資目的」と回答。うち約4分の1は投資初心者
■「積極的に情報収集し、自分の判断で購入している」と回答した人は半数以下
■初めて購入した時期は「2017年以降」が79%
■保有額は「5万円未満」がもっとも高く35%、総資産に占める仮想通貨の割合は「10%以下」が過半数
■仮想通貨保有者の47%が「今後も積極的に投資していきたい」と回答
 

仮想通貨を持っている人の割合と投資経験について

R25世代(25~30歳)の有職者男性のうち、「仮想通貨を保有している」と回答した人の割合は約14%。そのなかで仮想通貨を保有する前から別の投資型運用をしていたという人は72.3%。全体の4分の1以上の人たちにとっては、仮想通貨が初めての投資経験だったことがわかりました。

仮想通貨の保有目的と購入に至る意思決定について

続いて、仮想通貨を保有する目的については「投資のため」と回答した人が実に全体の92.3%。現時点では、決済や送金を目的に購入している人たちはほとんどいないというのが現状のよう。
また、購入に至る意思決定については「トレンドなのでとりあえず購入した」という人が37.4%、「知人やメディアのオススメ情報にしたがって購入した」という人が19.9%となり、「積極的に情報収集し、自分の判断で購入した」という人は半数以下という結果でした。
 

仮想通貨の購入時期と現在の価値について

初めて仮想通貨を購入した時期については、仮想通貨価格が高騰中の「2017年10~12月」という人が24.3%(1位)、価格が急下落した「2018年以降」に購入した人も15.0%(3位)という結果に。仮想通貨が最もメディアを賑わせた2017年以降に購入した人が79%を占めました。
また、高騰中に購入した人が多いこともあり、購入金額に対する仮想通貨の現在の価値は、2分の1以上から2倍未満の人が62.1%と半数以上。大きな利益をあげた人はそれほど多くないというのが実態のようです。
 

仮想通貨の保有金額と総資産に占める割合について

仮想通貨の保有金額については、「5万円未満」と回答した方が34.5%。また、保有資産全体にみる仮想通貨の割合もたずねたところ、53.8%の人が「10%以下」と回答。「億り人」登場などのニュースに踊らされて大きく投資した人は意外にも少なく、仮想通貨に対する慎重な姿勢が明らかになりました。

今後の仮想通貨への投資意欲について

今後の仮想通貨への投資意欲については、今後も「積極的に投資していきたい」という人が47.1%とおよそ半数。「継続して保有するが、これ以上積極的に投資するつもりはない」(35.4%)も合わせると、8割以上がいまだに投資商品としての仮想通貨に期待を寄せていることがわかります。 

このように、仮想通貨に対する、保有者のモチベーションはいまだ高いままのよう。仮想通貨は、今後R25世代の市場参加を促す投資商品として成長するのか。そして、投資目的を超えた新しい通貨として社会に浸透するのか。新R25総研は、引き続き「R25世代と仮想通貨」に注目していきます。


■調査概要
調査主体:新R25総研
調査地域: 全国
調査対象: 25~30歳有職者男性
サンプル数: 4734サンプル/206サンプル(仮想通貨保有者640名から抽出)
調査手法: 「マクロミル」を活用したインターネット調査
調査実施時期: 2018年3月1月(木)~2018年3月7月(水)


■新R25とは(https://r25.jp/
新R25は、「R25世代」と呼ばれる20代ビジネスマンのための"世の中がわかる"Webメディアです。今の自分や将来に対して漠然とした不安を抱えているけれど、どう解決すればいいのかわからない。行動を起こすきっかけもない。新R25は、そんなモヤモヤのなかにいるR25世代が"知ってよかった"と思えるトピックスを身近に届け、彼らの最初の一歩を後押しするメディアになることを目指しています。


調査概要内のサンプル数において記載に不備があり、4月4日に【サンプル数: 4734サンプル/206サンプル(仮想通貨保有者640名から抽出)】に修正をしました。