このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

CA Young Lab、バーチャルYouTuberを活用したタイアップ広告商品「バーチャルクリップ」を提供開始

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、若年層マーケティング事業を手掛ける株式会社CA Young Lab(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:須田瞬海、以下CA Young Lab)は、バーチャルYouTuberを活用したタイアップ広告商品「バーチャルクリップ」の提供を開始いたします。

バーチャルYouTuberとは、アバターなど仮想のキャラクターで動画配信活動を行っている動画クリエイターの呼称で、日本国内においては2016年12月に登場したキズナアイが人気を集めたことを皮切りに急速に増え、現在では800人以上のバーチャルYouTuberが活動していると言われています。バーチャルYouTuberはそのキャラクター性から、ゲーム実況などの動画が人気を集めているほか、海外からの視聴が多いことも特徴です。
この度提供する「バーチャルクリップ」は、国内の代表的なバーチャルYouTuberを含めた総フォロワー数(チャンネル登録者数合計)300万を越える、CA Young Labのネットワークを活用し、企業のニーズに適した動画クリエイターによるタイアップ広告を企画制作し、効果的なプロモーションを実現する広告商品です。

CA Young Labは、2016年10月の設立以来、延べ2,000本以上の企業タイアップ動画を制作した実績を持ち、YouTuberなどのインフルエンサーを活用したプロモーション設計から企画、キャスティング、制作、配信、効果検証まで一貫して行っております。また、多様化するインフルエンサープロモーションにおいて、独自の基準で設けたガイドラインや管理体制により、最適なクリエイティブ納品を実現するソリューション「iBOS(アイボス)」を提供するなど、CA Young Labは今後も企業とインフルエンサー両者の意向を尊重しながら、市場の健全な成長に寄与してまいります。


※CA Young LabはWOMマーケティング協議会のガイドラインを尊守し、企業プロモーションには必ず「PR」表記を明示いたします。