このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

インターネットテレビ局「AbemaTV」が12月の人気番組ランキングを発表 『朝青龍を押し出したら1000万円』など年末特別番組が上位にランクイン!

~10代の若者たちが繰り広げる恋愛リアリティーショーが「Abemaビデオ」ランキングトップ10を独占~

動画

株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、2017年12月1日(金)から12月31日(日)までに放送された番組の視聴データをもとにした12月の人気番組ランキングを発表いたします。

■「AbemaTV」 12月の人気番組ランキング

※本ランキングは、2017年12月1日(金)から12月31日(日)までに放送された全番組を対象に算出
※「Abemaビデオ」は、「AbemaTV」の放送で見逃した番組を一定期間、好きな時に見ることができる機能
※「Abemaビデオ」は月額960円(税込)のプレミアムプランへのご登録で利用可能。一部の番組は登録することなく無料でも使用できる


12月の人気番組全体ランキングは、上位10位中9番組が「AbemaTV」オリジナル番組となり、オリジナル番組の継続した人気の高さが明らかになりました。ランキング1位となったのは、大相撲にて第68代横綱として活躍し、歴代4位となる25回の優勝を誇る朝青龍さんが、2010年の引退から約7年振りに1夜限りで土俵に復活した大晦日の特別企画 『朝青龍を押し出したら1000万円』。柔道銀メダリストの泉浩さんや元大関の琴光喜さんらVIP挑戦者3名を含む8名の対戦者が、元横綱の朝青龍さんと賞金の1000万円を懸けて、番組オリジナルルールで行う相撲対決を完全生中継しました。現役時代を髣髴とさせる真剣勝負の末、全ての取り組みで勝利を収め満足した表情で土俵を後にしインタビューに答える朝青龍さんには、本当の引退セレモニーさながらの大きな拍手が起きました。

また、2位には2015年からテレビ朝日で放送中の番組 『フリースタイルダンジョン』の年末特別版として12月30日(土)に放送された 『フリースタイルダンジョンMonstersWar 2017~お前ら時代に忖度してる場合じゃねぇぞ!全員ブッ潰してやるスペシャル~』がランクイン。今回の年末スペシャル版では、現在番組内で「モンスター」と呼ばれる凄腕ラッパー6人がそれぞれリーダーとなり、ドラフト形式で選んだ他のラッパーたちと3人組のチームを編成。過去最高額となる賞金総額400万円を懸けて全6チームが激突し、結果は輪入道さん率いるチームが優勝し賞金300万円と輪入道さん自身がMVPとしてさらに100万円を手にしました。ほかにも、年末の特別企画『ももクロ 年越しカウントダウンライブ「第1回 ももいろ歌合戦」完全生中継!』が6位となり、昨年に引き続き高い視聴数を誇りました。2015年から始まったももいろクローバーZの年越しライブを「AbemaTV」が完全生中継するのは今年で2回目。今回のライブでは“ももいろ歌合戦”と題し、ももいろクローバーZのメンバーが、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手率いる豪華アーティスト軍団と熱い戦いを繰り広げました。歌合戦の勝敗は「AbemaTV」を見ている視聴者の投票によって決定するなど、「AbemaTV」の機能を活かした視聴者参加型の放送となり、会場に足を運ぶことができない日本中のファンが熱狂する番組となりました。

続く3位、5位、8位には、10月からレギュラー放送されている「AbemaTV」オリジナル恋愛リアリティーショー『恋する♥週末ホームステイ 北海道・大阪編』がランクイン。3週間にわたり週末だけのデートを重ね、お互いを知っていった男女6人が意中の相手に好意を告白した最終回は、涙あり笑いありの感動的な結末を迎えました。また、恋人がいない現役高校生たちが1泊2日という限られた時間の中で、本当の恋を見つけられるかを追った『今日、好きになりました』のクリスマス特別番組は7位となり、「AbemaTV」のオリジナル恋愛リアリティーショーの人気を確立することとなった番組がランキングを席巻しました。

4位には、羽生善治棋聖が史上初の「永世七冠」資格者となった12月5日(火)の『竜王戦 七番勝負 第五局 2日目 渡辺明竜王対羽生善治棋聖』がオリジナル番組以外で唯一ランクイン。挑戦者の羽生さんが渡辺明竜王から通算4勝1敗でタイトルを奪取し、前人未到の結果を残した対局の生放送の注目の高さが伺えました。また、9位、10位にも中学生棋士・藤井聡太四段の注目の対局が入るなど、「AbemaTV」の将棋番組の人気が伺える結果となりました。12月7日(木)に生中継された高野智史四段との対局 『第76期 順位戦 C級2組 第7回戦 藤井聡太四段 対 高野智史四段』では、C級1組に昇級できる3人の枠をかけて一敗もできない状況の中、終局が深夜に及ぶ熱戦の末に藤井聡太四段が7連勝を飾り、12月28日(木)の『第66期 王座戦一次予選 藤井聡太四段戦』では、豊川孝弘七段に勝利をおさめ、2017年の指し納めとなる通算55勝目を挙げました。

続く、「Abemaビデオ」ランキングは、『恋する♥週末ホームステイ 北海道・大阪編』と『今日、好きになりました』の「AbemaTV」を代表する恋愛リアリティーショーが初めてトップ10を独占するという結果となりました。共に、女子中高生を中心に若者から熱い支持を得て人気を博していることをうけ、2018年の1月の新編成では、「AbemaTV」の恋愛リアリティーショー人気の火付け役となったシリーズ第3弾『真冬のオオカミくんには騙されない♡』をはじめ、高校生を中心に10代の男女グループが1泊2日の限られた時間の中で本気で恋愛をする姿を追いかける『今日、好きになりました』、遠く離れた場所に住む相手との間で生まれる恋をテーマにした『恋する♥週末ホームステイ』など、若い女性を中心に高い人気を誇ったオリジナル番組の続編となる3番組に加え、大学キャンパスでの恋愛をテーマにした『恋愛学部交流会 ラブ♥キャンパス』と、新たに4つの恋愛リアリティーショーの放送を開始します。
また2位、3位には10月から放送を開始した「AbemaTV」のオリジナル恋愛リアリティーショー『今日、好きになりました』がランクイン。彼氏・彼女のいない現役高校生たちが1泊2日という限られた時間の中で本当の恋を見つけられるかに追った本番組は「今日好き」と略され、10代の若者を中心に人気を集めており、「今日好きポーズ」という番組から派生したポーズで写真を撮ってSNSに投稿をすることが流行するなど、若者たちの間に新しいブームを起こしています。

その他、「Abemaビデオ」ランキングでは、『今日、好きになりました』に加え、東京に住む高校生と地方に住む高校生が3週間にわたって週末ごとに、お互いの街でデートを繰り返しながら育む恋の行方を追う恋愛リアリティーショー『恋する♥週末ホームステイ』がトップ10を席巻。10位中8つの番組が若者向け恋愛リアリティーショーとなり、10代を中心に「Abemaビデオ」が視聴されていることが分かる結果となりました。
※オリジナル番組ランキングは、2017年12月1日(金)から12月31日(日)までに「AbemaSPECIALチャンネル」、「AbemaSPECIAL2チャンネル」、「AbemaGOLDチャンネル」、「AbemaPremierチャンネル」、「AbemaEXTRAチャンネル」、「AbemaNewsチャンネル」、「麻雀チャンネル」、「将棋チャンネル」にて放送された全オリジナル番組を対象に算出

オリジナル番組のランキングは全体ランキングとほぼ同じ顔ぶれとなり、「AbemaTV」でのオリジナル番組が、年末の特別番組を中心に多くの方に視聴されていることが明らかになりました。1位となった『朝青龍を押し出したら1000万円』は、本放送に加えて、放送直前に再放送された事前特番も8位にランクインするなど、本番組への注目度が伺える結果となりました。

続く、「AbemaTV」の緊急ニュースランキングでは、1位に『「松居一代さん離婚会見」中継』、2位に『「大谷翔平選手エンゼルス入団記者会見」中継+VTR』、3位に『「2017年 新語・流行語大賞 発表」中継』がランクインし、世間を賑わせた話題から年末の風物詩など、視聴者の様々な興味関心を集めるイベントを生中継し、多くの方にご覧いただきました。

2018年の「AbemaTV」は、開局以来初となる、企画から脚本まで完全オリジナルで制作を行った連続ドラマとして『#声だけ天使』と、人気連載漫画初の実写化ドラマ『やれたかも委員会』の2つのオリジナルドラマ作品の放送をスタートいたします。バラエティ豊かなオリジナル番組のほか、2018年1月14日(日)からは、新たに、全6場所90日間にわたり、大相撲の完全無料生中継も決定しております。

今後も、コンテンツ拡充や機能追加などサービス開発を行うと共に、「AbemaTV」ならではの魅力的な番組づくりを積極的に行ってまいります。

■「AbemaTV」について

「AbemaTV」は、“無料で楽しめるインターネットテレビ局”として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月11日(月)に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約25チャンネルを全て無料で提供し、2017年11月時点でダウンロード数が2,300万を突破するなど、急速に利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Google Cast」や「Amazon Fire TVファミリー」などテレビデバイスへの対応も強化しています。その他にも、縦画面視聴への対応や「Abemaビデオ」の追加など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みを積極的に行っています。なお、Abema会員の新規登録でいつでも、「Abemaビデオ」のすべてのコンテンツが見放題となるプレミアムプランを1ヶ月無料でご利用いただけます。

■「AbemaTV」概要

名称 「AbemaTV(アベマティーヴィー)」
配信 PC(ブラウザ)/ Google Play /App Store  / Amazon Appstore
推奨環境 ・PC版
 推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降 
 推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、
          Internet Explorer 11以降(Windows)
 推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player
・Androidスマートフォン/タブレット
 推奨環境:Android4.4以降
・iPhone/iPad
 推奨環境:iOS9.0以降のiPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini
・テレビ
 Amazon Fire TV
 Amazon Fire TV Stick
 Android TV
 Apple TV(第4世代)
 Google Cast (推奨環境:第1世代以降)