tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1 このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

人工知能を活用したチャットボットプラットフォーム「AI Messenger」が、「LINE カスタマーコネクト」の全機能に対応開始

広告

 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットボットサービス「AI Messenger」(提供:株式会社AIメッセンジャー)において、「LINE カスタマーコネクト」における「LINE to Call」機能及び「Call to LINE」機能に対応し、「LINE カスタマーコネクト」におけるすべての機能に対応いたしました。

 近年、ユーザーのスマートフォン利用においてアプリケーションが占める時間が8割以上に上り(※1)、通信事業者における1ユーザーあたりの通話料を示す携帯電話・スマホによる音声ARPU(1回線あたりの月間売上高)が低下している(※2)一方でユーザーはチャットの利用が進んでいます(※3)

 「LINE to Call」「Call to LINE」はそれぞれ、チャットでの応対中にIP電話への接続を促し、ユーザーの料金負担無く通話対応ができる機能及び、IVRやチャットオペレーターからユーザーのLINEアカウントにメッセージを送信し、LINE上のチャットサポートに誘導する機能です(※4)。これらによりユーザーは問合せ時にコールオペレーターの対応を受けるまでに時間を要する場合でも、待機時間のストレスが軽減されるようになります。

 この度、「AI Messenger」における「Call to LINE」「LINE to Call」への対応は、日本アバイア株式会社の提供する「Avaya Aura」及びジェネシス・ジャパン株式会社の提供する「PureConnect」をはじめとしたCX基盤との連携により実現いたしました。「AI Messenger」ではこれにより、「LINE カスタマーコネクト」が提供するすべての機能に対応いたしました(※5)。 「LINE カスタマーコネクト」が提供する全機能に一貫して対応することで、企業は複数のサービスを導入することなく、横断的なデータの蓄積・活用が実現されます。

 株式会社AIメッセンジャーは人工知能研究に加えて今後も「LINE カスタマーコネクト」の公認パートナーとの連携を行うことで、更なるサービス開発・拡充に努めると同時に、積極的な事業拡大を図ってまいります。



※1 スマートフォンでは平均30個のアプリが利用され、利用時間の85%を占める ~ニールセン スマートフォンのアプリ利用状況を発表~ - Nielsen Mobile NetView(http://www.netratings.co.jp/news_release/2017/11/Newsrelease20171108.html)
※2 広がる通話定額 “話し放題”に打って出るキャリア各社の思惑とは? - IT Media Mobile(http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1406/02/news074.html)
※3 ICTの進化を振り返る - 平成27年版 情報通信白書(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc121400.html)
※4 【LINE】LINEを活用した法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」を正式販売開始 - LINE株式会社(https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1716)
※5 すべての機能とは、「Auto Reply」「Manual Reply」「Call to LINE」「LINE to Call」の4機能を指します。



■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では5つの子会社を包括し、約180名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、DMPなど20サービスを提供しております。