このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

CA Tech Kids、子ども向けプログラミング教育サービス提供事業者のマップを公開

CA Tech Kids


株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kids(代表取締役社長:上野朝大)は、子ども向けプログラミング教育サービスを提供する事業者のマップを作成し、公開いたしましたのでお知らせします。

プログラミング教育については、2020年から日本の全ての小学校において必須となることが決定しており、社会的な関心が著しく高まっております。子どもを持つ保護者を対象とした意識調査では、「2017年に子どもさせたい習い事」としてプログラミング教室が1位となるなど(※1)、プログラミング教育サービスに対する需要も高まりを見せており、矢野経済研究所の調査では、市場規模は2016年度で9億円(対前年比225%増)、2017年度で12億円(同133%増)と成長を続けております。このような背景を踏まえ、 CA Tech Kidsでは、子ども向けプログラミング教育分野の継続的・健全な発展に与することを目的として、同分野で事業を展開する事業者のマップ(カオスマップ※2)を作成し、公開する運びとなりました。
 
CA Tech Kidsは2013年10月に小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」を開講し、小学生が楽しみながら本格的なプログラミングを学ぶことができる環境を提供してまいりました。開講から4年が経過し、高いレベルのプログラミングに取り組む生徒も増えており、多数の生徒がオリジナルのiPhoneアプリケーションをApp Storeにリリースしているほか、「U-22プログラミングコンテスト」や「アプリ甲子園」等の各種プログラミングコンテストで入賞を果たす生徒を輩出するなど、顕著な学習効果が表れております。また、2016年10月には、当スクールの生徒5名がAppleのティム・クックCEOと面会し、自身の開発したiPhoneアプリケーションについてプレゼンテーションを行いました。

CA Tech Kidsは今後もプログラミング学習の機会創出と普及発展に尽力してまいります。
 


※1 出典元 イー・ラーニング研究所 http://ict-enews.net/2017/01/11e-ll/
※2  カオスマップは、特定の事業領域における事業者を分類・俯瞰した業界地図のことで、アメリカのインターネット広告市場において作成されたことに端を発し、スタートアップ業界において様々なカオスマップが作成されています。
■子ども向けプログラミング教育サービス提供事業者マップ(カオスマップ)について
本資料は、インターネット上の公開情報を基に作成しています。業種区分等は当社の独自見解による分類です。掲載しているロゴ、サービス名、社名の表記等に関して、万一問題のある場合には速やかに削除・修正などの対応を行いますのでご連絡ください。