tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1 このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

プレスリリース

サイバーエージェント、企業のデータ活用をリクルーティングからKPI計測まで総合的にサポートする「CA DATABANK」の提供を開始

広告

 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、オンライン・オフラインのデータを統合・セグメント化し、効果測定まで含めた広告配信のデータ活用をサポートするプラットフォーム「CA DATABANK(シーエー・データバンク)」の提供を開始いたしました。

 近年、様々な企業において自社が保有するデータに限らず様々なデータの活用が進められていますが、各企業がそれぞれ保有・蓄積することのできるデータには限界があり、断片的になっていることが現状です。そのため外部データを含めて広汎的な活用を目指すには、各データの特性の理解や制限への対応など、負荷を始めとする課題が多く存在しています。

 この度提供を開始した「CA DATABANK」はこの課題に対して、企業が統合的にデータの広告活用を行うことをサポートいたします。「CA DATABANK」では企業の活用ニーズに合わせてデータのリクルーティング※1から、蓄積したデータ同士を掛け合わせたオリジナルターゲティングの提案、広告へのROI(投資対効果)測定のためのデータ活用までを一貫してサポートいたします。※2

 また、今後「CA DATABANK」では人工知能の開発・研究組織である「AI Lab」との連携を通じて、蓄積したデータから他のデータを予測する「類推拡張機能」の開発・提供を予定しております。

■概要図

 「CA DATABANK」では企業のデジタル広告におけるデータ活用のサポートを通し、広告効果の向上、及びオフラインデータの活用を始めとする広告配信手法の拡張に努めてまいります。

※1 リクルーティングとは、企業のニーズに合わせて第三者データ保有社との契約及びデータの獲得までを指します。

※2 利用するデータは取得に同意したユーザーのみを蓄積する事業者との取引に限定し、データセット単体及びデータセットを掛け合わせた場合においても個人を特定しえない形式で扱っております。

■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では5つの子会社を包括し、約180名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、DMPなど20サービスを提供しております。