このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

お知らせ

日本新聞協会が主催する 「新聞広告賞2017」の広告主部門にて 「AbemaTV」の新聞広告 「お正月はAbemaTVを見よう!」が優秀賞を受賞

メディア

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、日本新聞協会が主催する「新聞広告賞2017」において、株式会社AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」が2017年元旦に実施した新聞広告が、「広告主部門」にて優秀賞を受賞したことをお知らせいたします。

「新聞広告賞」は、新聞広告の新しい可能性を開拓した広告活動を顕彰し、新聞と広告の発展に資することを目的に昭和56年に設けられた賞です。広告主部門と新聞社企画部門の2部門から成り、新聞紙上で優れた広告活動を展開した広告主企業、新聞社に贈られます。このたび、「新聞広告賞2017」の広告主部門にて、優秀賞を受賞したのは、インターネットテレビ局「AbemaTV」が2017年1月1日(日・祝)に、全国で展開した新聞折り込み広告で、8ページの広告別刷りの形式で、全国紙、地方紙など一部地域を除く全国にて、約2,000万部が本紙に折り込んで配布されました。本広告紙面では、1月1月(日・祝)から1月3日(火・祝)までの全チャンネルの番組表をテレビ欄形式で掲載したほか、年始に放送する人気コンテンツの一挙放送や特別番組など、豪華ラインナップを揃えた番組のみどころを紹介しました。
 

新聞広告「お正月はAbemaTVを見よう!」

本広告は、元旦の新聞に、テレビ・ラジオ特集などの別刷りで折り込まれる新聞のフォーマットを使い制作をしており、テレビ欄形式でのクリエイティブを採用することにより、動画配信サービスを感覚的に理解してもらうことを狙うと共に、「AbemaTV」のどのチャンネルで、いつ、どんな番組が放送されているのかを見渡してもらうことを意識して制作いたしました。また、日本全国の家庭で、元旦に届いた新聞を手にしてテレビ欄を探した時に、複数ある別刷りの一番外側に本広告を出すことで、一番初めに「AbemaTV」が目に入る、という体験を綿密に設計したことが最大のポイントになります。

結果的に、本広告を通じて、年末年始の番組編成強化やテレビCMの全国放送との相乗効果もあり、年末年始の1週間で100万人を超える新規利用者を獲得し、週間利用者数がその当時、過去最高の514万人を記録するなど、新聞広告を中心としたプロモーションは大きな成果を得ることができました。