tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1 このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

プレスリリース

国内最大級のアプリ向けダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst for Games」がアクティブユーザーのさらなる利用促進を図る「リフトアップ広告」を開始

広告

 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービス開発を行うアドテクスタジオは、スマートフォンゲーム・アプリに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst for Games」において、アクティブユーザーのさらなる利用促進を図る「リフトアップ広告」の提供を開始いたします。

 近年、既にスマートフォンアプリをダウンロードした後に利用が停止した離脱ユーザーを対象に再度利用を促す目的で配信される「リエンゲージメント広告」のマーケティング活用が拡大する中、ゲームアプリに特化した「Dynalyst for Games」は国内最大級の配信プロダクトとして前年比200%以上の成長を遂げてきております。
 「Dynalyst for Games」はユーザーの利用状況やステイタスなどを元にエンゲージメントのレベルを解析しリアルタイムにセグメント化、ユーザーそれぞれに対して最適化された広告クリエイティブを配信できるのが特徴で、国内外のゲーム企業に利用されています。
 この度提供を開始する「リフトアップ広告」では、これまで「リエンゲージメント広告」領域で培ってきたアルゴリズムやナレッジを生かし、利用頻度の高いアクティブユーザーを対象に、よりアプリへのエンゲージメントを深めDAUや課金額、課金率などのマーケティング指標の向上を目的とした広告配信をすることが可能となります。
 また、これにあわせ、「リフトアップ広告」の配信対象ユーザーと非対象ユーザー間での各指標のA/Bテスト結果を可視化することができるレポート機能の提供も開始し、本日より正式販売を開始、2017年9月中旬より順次本格配信を開始する予定です。
 「Dynalyst for Games」は今後も企業とユーザーのエンゲージメント向上に向けて高度なアドテクノロジーの活用に努めてまいります。

■クリエイティブイメージ

■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では5つの子会社を包括し、約180名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、DMPなど20サービスを提供しております。