このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

お問い合わせ

 

サービスニュース

「Ameba芸能人・有名人ブログ」月間人気記事ランキング1位は市川海老蔵さん

新規アメブロ開設は、井上康生さん、鈴木愛理さんなど総勢121名

メディア

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)が運営する「Ameba」は、2017年7月のオフィシャルブログの人気記事ランキングを発表するとともに、この直近1ヶ月に新たにオフィシャルブログを開設した121名の中から、注目の方をご紹介いたします。
ランキング 名前 記事タイトル
1 市川海老蔵 みてて
2 小林麻耶 初日
3 小林麻央 Being myself
4 山田純大 精神力とオーラ
5 松居一代 第2の人生スタートよ
6 保田圭 ご報告
7 やしろ優 本日の体重!!!ダイエット
8 金田朋子 名前は千笑です╰(*´︶`*)╯♡
9 佐藤聡美 結婚のご報告。
10 小島よしお ラスベガス5日目(最終日)

※記事アクセスランキングに同一ブログでの複数記事がランクインした場合は、一番アクセスが高い記事のみを対象としています。
2017年7月のランキング1位は、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん。長男の勸玄くんが史上最年少の宙乗りに挑戦した東京・歌舞伎座の『七月大歌舞伎』初日を迎える前日に、勸玄くんの白狐姿や6月22日(木)に亡くなられた小林麻央さんの生前のお写真を掲載した記事には3,000件を超えるコメントが寄せられました。
 
また、2位にはその『七月大歌舞伎』の舞台初日の様子を報告する小林麻耶さんのブログが、そして、小林麻央さんが2016年9月1日(木)に綴られた1記事目のブログ「なりたい自分になる」を英訳した記事が3位となりました。
続いて4位には、俳優の山田純大さんが『七月大歌舞伎』を鑑賞した感想と、友人である市川海老蔵さんの強靭な精神力を讃える記事がランクイン、小林麻央さんや市川海老蔵さんらご家族のブログが多くの方に注目され続けていることがうかがえるランキングとなりました。
 
6位には、かねてから不妊治療をしていることを公表していた、元モーニング娘。の保田圭さんが妊娠を報告した記事が、8位には、声優の金田朋子さんが、6月に出産した第一子のお名前を公表した記事が、9位には声優の佐藤聡美さんが同じく声優である寺島拓篤さんとの結婚を報告した記事がランクインし、おめでたい話題が目立ちました。
 
 
また、「Ameba」では、2017年7月に新たに121人の方がオフィシャルブログを開設しています。
7月7日(金)には元℃-uteの鈴木愛理さん、7月14日(金)には柔道全日本男子監督井上康生さんなど、様々な分野で活躍されているバラエティに富んだ方々がブログをオープンしています。

■新規開設ブログ (一部紹介、敬称略)

鈴木愛理 『AIRI MANIA BLOG』
元℃-uteメンバーで、現在は雑誌「Ray」の専属モデルとして活躍中。ブログでは日々の出来事や仕事のこと、様々なアーティストのライブに行った感想などを綴っている。
板倉滉 『板倉滉オフィシャルブログ』
Jリーグ川崎フロンターレ所属で、サッカーU-20日本代表選手。ブログではチームメイトとのプライベートのことや試合について綴っている。
原田曜平 『原田曜平オフィシャルブログ』
国内外の若者研究及びマーケティングを行い、情報番組のコメンテーターとしても活躍中。ブログでは話題のニュースについて独自の見解を語ったり、共演者とのエピソードを公開したりしている。
井上康生 『井上康生オフィシャルブログ』
柔道全日本男子代表監督。2020年の東京オリンピックに向けてブログを開始。ブログでは柔道に対する思いや信念、日本代表チームのことを更新している。
吉田凜音 『吉田凜音オフィシャルブログ』
16歳の原宿系現役女子高生ラッパー。ブログでは8月23日に発売するメジャーデビューアルバムについてのことや、自身の音楽活動について綴っている。
わーすた 『わーすたのゲーム成長日記』
2015年に結成したアイドルグループ。デジタルネイティブ世代アイドルとして、ブログではプレイしたゲームの感想などを各メンバーが発信している。
 
「Ameba」では、オフィシャルブログを展開する芸能人・有名人は、20,000人以上にも及び、月間100名以上の方が新たにブログを開設、アクセス数も成長を続け、ブログで発信される情報からたくさんの新たな話題が生まれています。今後も「Ameba」では、ブログの積極的な開設やブログを楽しんでいただくための取り組みを積極的に行い、更なる活性化を図ってまいります。