tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1 このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

プレスリリース

株式会社AJA、提供するSSPにおいて、メディアに掲載された広告クリエイティブを全件事後審査するソリューション「AJA GREEN(アジャ グリーン)」の外部提供を開始

~不適切な広告クリエイティブを排除しメディアのブランドセーフティを実現~

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社でメディア発のアドテクノロジー事業を行う株式会社AJA (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山田陸)は、提供する「AJA SSP」においてメディアに掲載された広告クリエイティブを全件事後審査することでメディアのブランド毀損を防ぐソリューション「AJA GREEN(アジャ グリーン)」を2017年7月よりパートナーメディアへ提供いたします。

現在、国内外の多くのメディアは、収益最大化のため運用型広告を利用した広告取引の拡大をする一方で、著作権法や景品表示法、薬機法に反するクリエイティブや公序良俗に反するクリエイティブなど、メディアのブランドイメージを毀損するような広告クリエイティブが掲載されてしまうという課題を抱えています。また、多くのメディアが膨大な稼働がかかることなどが理由で、完全な対策をするのが難しい状況です。

このたび「AJA SSP」が提供を開始した「AJA GREEN」は、メディアに掲載される広告クリエイティブをすべて事後審査することで、メディアのブランド毀損を防ぐソリューションです。これまで当社が「Ameba」の運営で培った広告審査ノウハウを、パートナーメディアへも展開いたします。

メディアは「AJA GREEN」を導入することで、広告クリエイティブを全件事後審査し、不適切な広告クリエイティブを排除することが可能になるほか、不適切な広告クリエイティブを配信する広告主、DSP、アドネットワーク自体をブロックすることもできるようになります。さらに、今後は審査実績を蓄積し機械学習をしていくシステムを導入することで、より審査の効率と精度を向上させ、メディアは最大限の収益を上げながら、ブランド毀損を防ぐことができます。なお、「AJA GREEN」は、「AJA SSP」に搭載されている機能であるため、「AJA SSP」を導入いただいたパートナーメディアに対し、無料で提供いたします。

株式会社AJAでは、これまでサイバーエージェントがメディア運営において培ったノウハウや技術力を強みに、今後も国内外の優良なメディアの拡大と収益向上を支援するため、最先端のアドテクノロジーの開発・機能拡充に努めてまいります。