このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

人工知能を活用したチャットボット「AI Messenger」、シナリオ型応対の正式提供を開始

広告

 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットボット事業(※1)を行う連結子会社、株式会社AIメッセンジャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石川 大輔、以下AIメッセンジャー)において、シナリオ型応対のチャットボットを正式に提供開始いたしました。

 AIメッセンジャーが提供する「AI Messenger」は、人工知能を活用したチャットプラットフォームです。このたび、「AI Messenger」において提供を開始したシナリオ型応対とは、チャットボットが提示する質問項目をユーザーが選択していくことで、ユーザーの疑問や課題の解決をサポートする機能となります。これまでも、「AI Messenger」ではユーザーが自由に入力したテキストに対して応答する機能を提供してまいりましたが、この度、2つの方式をハイブリッドに用いた応対をすることが可能となりました。また、回答後にユーザーから質問に解決できているかの確認結果、またはチャットボットとユーザーの会話が食い違っているとシステムが判断すると、チャットオペレーターによる応対へと切り替えることも可能です。(※2)

 シナリオ型応対機能の提供により、前提が複数あるような複雑な事象をチャットボットだけで解決したり、ユーザーが言語化しづらい課題の解決を容易にすることで、カスタマーサポートの満足度向上とコスト削減へ貢献いたします。

■シナリオ型応対のデモ図

 なお、シナリオ型応対は「AI Messenger」が対応しているすべてのチャットプラットフォーム(Web、各種SNS)で提供が可能です。

 株式会社AIメッセンジャーは今後も人工知能研究を行い、更なるサービス開発・拡充に努めると同時に、積極的な事業拡大を図ってまいります。


※1 チャットボットとは、人間が自由に表記する言語(自然言語)でコミュニケーションを行うコンピュータのプログラムのことです。

※2 AIメッセンジャーでは「沖縄チャットセンター」を保有しており、専属のチャットオペレーターが24時間365日の対応をしております。