このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

プレスリリース

ロボットを活用したソリューションサービスを行う「ロボットサービス事業部」を新設

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」を提供する株式会社AIメッセンジャーにおいて、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:孫 正義)とPepper for Bizの協業代理店契約を締結し、「ロボットサービス事業部」を設立いたしました。
 
総務省による「情報通信白書 平成27年度版」では、ロボット産業市場は2020年に2.9兆円、2035年には9.7兆円の規模に達する見込みが発表されており、市場の成長はサービス分野がけん引するとの予測がされています。(※1)

このような背景をもとに、この度AIメッセンジャーでは新たに「ロボットサービス事業部」を設立し、ソフトバンク株式会社とのPepper for Biz協業代理店契約締結のもと、企業向けPepperの販売とPepperを活用したソリューションサービスの提供を開始いたします。すでにサービス提供しております「AI Messenger」における知見の活用や、人工知能・機械学習を研究する「AI Lab」との連携を通して、人とロボットのコミュニケーション分野において、新しい価値を提供してまいります。

また今後の展望として、Pepperに限らず他のコミュニケーションロボットの販売対応を進めると共に、「AI Lab」の知見及び産学連携で進めてきた研究・開発を活かした更なるソリューションサービス展開を目指してまいります。

※1 出展:総務省 「情報通信白書 平成27年度版」(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc241330.html)

■「AI Messenger」とは

「AI Messenger」は、人工知能を活用したチャットボットプラットフォームです。ユーザーが入力した自然文の意味を自動的に解釈し、FAQデータベースから該当する回答を自動応答する機能のほか、ユーザーが入力した自然文やボタン入力から条件を抽出し、該当する商品・サービスの画像をチャット上にカルーセル形式にて表示することができる機能「Conversation Search」を備えており、24時間365日、Webサイト上や各種SNSメディア上など多様なチャネルにてリアルタイムにユーザーの問題を解決します。

■アドテクスタジオとは

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では5つの子会社を包括し、約180名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、DMPなど20サービスを提供しております。