このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

みずほ銀行とクラウドファンディングサービス「Makuake」の 連携の開始について

サービス

株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング(代表取締役社長:中山亮太郎、以下「サイバーエージェント・クラウドファンディング」)と株式会社みずほ銀行(頭取:林 信秀、以下「みずほ銀行」)は、本日、サイバーエージェント・クラウドファンディングの運営する、クラウドファンディングサービス「Makuake」に関するビジネスマッチングサービス契約(以下「本契約」)を締結しました。メガバンクとクラウドファンディングサービスが連携するのは国内初の取り組みです。
「Makuake」は、プロジェクトの実行者が資金を提供した支援者に対し、資金の提供額に応じてプロジェクトの成果物であるモノやサービス、体験をお返しする、国内最大の購入型クラウドファンディングサービスです。サービス開始以来、2,000件以上の新製品や新サービス、新店舗のプロジェクトを支援してきました。プロジェクトの実行者は、資金調達をしながら、ファンの獲得、プロモーション、マーケティングを行うことができます。
本契約に基づき、みずほ銀行は、新規事業に取り組むスタートアップ企業や中小企業、新店舗の展開を考える飲食店等、クラウドファンディングを希望するお客さまを「Makuake」に紹介します。両社は、今後クラウドファンディング活用をテーマとするセミナーを合同で行うなど、クラウドファンディングの啓蒙、促進をする活動を協働して行っていきます。
「Makuake」は、みずほ銀行の幅広い顧客基盤を生かしてプロジェクトを発掘することが可能となり、今後も「Makuake」を通じて、全国各地の企業・事業主から世の中にない新製品や新サービスが誕生することを積極的に支援していきます。

みずほ銀行は「Makuake」と連携することにより、お客さまに新たなソリューションを提供し、お客さまの事業支援・成長戦略支援の取り組みをより一層加速化していきます。
 

【「Makuake」とみずほ銀行の連携イメージ】

■「Makuake」