このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

全世界を対象にTwitterが開催する「#TwitterAwards」をサイバーエージェントがアジアで唯一受賞

~「AbemaTV」公式アカウントでの熊本地震情報発信が「#Scale アワードSilver賞」に~

サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、Twitterが世界中の素晴らしいキャンペーンの取り組みを讃えることを目的に、全世界で今年初めて開催した「#TwitterAwards(Twitterアワード)」にて、アジア唯一の受賞となる「#Scale アワード」部門Silver(シルバー)賞を受賞したことをお知らせいたします。
 
「#TwitterAwards」は、Twitter上で展開される世界中の素晴らしいキャンペーンの取り組みを讃えることを目的に、2016年8月に全世界を対象に初めて開催されたアワードです。アワードは「#Live」「#Impact」「#Creativity」「#Scale」「#Customer」の5つのカテゴリーに分類されており、各カテゴリーにてGold賞、Silver賞、Bronze賞の各1点が表彰されました。この度、サイバーエージェントが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」の公式Twitterアカウントにおける取り組み「#熊本県の地震情報を配信しています」が世界的な認知とエンゲージメント、大きな文化的影響を生み出した取り組みとして評価され、「#Scaleアワード」においてSilver賞を受賞いたしました。
 
「AbemaTV」では、2016年4月14日(木)に発生した熊本地震を受け、被災地をはじめ、テレビを観ることができない環境にいる方々に対して、スマートフォンなどから視聴が可能なインターネットテレビ局「AbemaTV」の緊急地震特番を通して、24時間体制で最新の地震情報を届けておりました。この度の「#Scaleアワード」受賞は、地震情報の番組配信に伴い、「AbemaTV」公式アカウントにて「#熊本県の地震情報を配信しています」というハッシュタグを軸に行った情報発信を行ったものが評価されたものです。地震が発生した当日は、「AbemaTV」の本開局直後のタイミングであり、当初サービスプロモーションを目的にTwitterの広告手法である「プロモトレンド」を実施予定でしたが、地震発生を受けて急遽、地震情報を広く届けることを目的として、24時間ニュース放送を行う「AbemaNewsチャンネル」での緊急地震特番への誘導に利用し、重要な情報源として多くの方にご活用いただくことになりました。
 
また、当時、大規模な地震と断続的に発生する余震に、Twitter上では安否確認や現地の状況を伝える投稿で溢れていましたが、「AbemaTV」で設定した「#熊本県の地震情報を配信しています」というハッシュタグを軸に、たくさんのインターネットユーザーが必要な情報をシェアする流れができ、その数は70万件を超える規模となるなど、熊本の情報を多くの人がシェアする共通のハッシュタグとなり、その役割を果たしました。
 
さらに、「AbemaTV」では、レギュラーニュース番組「AbemaPrime」にて、2016年4月19日(火)にテレビでは報道しきれない現地の生の声や状況を、より詳細に伝えるための特別番組『熊本地震情報掲示板TV / #もっと伝えたい熊本地震』を企画、掲示板のようにリアルタイムに番組を使ってもらうという趣旨の下、安否を気遣う人々へのメッセージや、避難所・救援物資についてのメッセージなどTwitter上に投稿された情報や被災地の方々が自ら撮影された動画など編集を加えることなくそのまま放送しました。
 
サイバーエージェントでは、今後も運営する様々なサービスや事業において、Twitterを活用した独自のコミュニケーションを積極的に行うと共に、世の中に大きな影響を与えられるようなメディアづくり・運営を通して、社会的にも意義のある取り組みを行ってまいります。



 

■「#Scale アワードSilver賞」 受賞取り組み概要

実施時期   : 2016年4月15日(金)~17日(日)
ハッシュタグ : 「熊本県の地震情報を配信しています」
ブランド    : 「AbemaTV」公式アカウント https://twitter.com/abematv