このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

プレスリリース

人工知能のアドテクノロジー活用を図る「AI Lab」、電気通信大学と産学連携

~電気通信大学教授 南泰浩氏をアドバイザーに招聘し、チャットボットサービスにおける 対話システムの研究・開発を強化~

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能(※1)をアドテクノロジーに活用するためのAI研究組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」において、電気通信大学と産学連携いたしました。

「AI Lab」は、人工知能を活用したアドテクノロジーの広告配信技術の研究・開発を目的に2016年1月に設立した研究開発組織です。近年、ユーザーとのコミュニケーションを自然言語にて自動対応するチャットボット事業が注目を集めておりますが、アドテクスタジオでは2016年7月より、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」を提供しており、本サービスの会話エンジンも「AI Lab」にて研究・開発を行っております。「AI Messenger」はWeb上においても実店舗と同じような接客の実現や、企業とユーザーをOne to Oneで結ぶ最適なコミュニケーションの実現を目的としており、人と会話をするように、商品に関する質問や相談に回答することができるほか、簡単な雑談にも返答することが可能となっております。

このたび「AI Lab」は、「AI Messenger」における会話エンジンの精度向上や、より人間らしい対応の実現へ向け、対話システムの研究・開発強化を目的に電気通信大学と産学連携を行い、電気通信大学大学院 情報理工学研究科教授 南泰浩氏を対話システム研究のアドバイザーとして招聘いたします。

南泰浩氏は、慶應大学大学院理工学研究科博士課程了後、日本電信電話株式会社に入社、音声認識、対話処理の研究・開発に従事。 日本電信電話株式会社在職中に、マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員、国立国語研究所非常勤研究員を歴任し、現在は電気通信大学大学院情報理工学研究科 教授として、コンピュータと人間が自然に対話する未来を目指した研究をおこなっています。また、過去に多くの対話システムについても研究しており、国立情報学研究所(NII)の人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」へも参画されています。

「AI Lab」は2016年1月の設立以来、高度なAI研究技術を持ち、実用化に積極的な研究室との産学連携を進めており、これまで、東京大学、明治大学、静岡大学と産学連携を行っています。このたび新たに電気通信大学と産学連携したことにより、4つの大学と各AI分野において研究を行い、今後も、企業とユーザーをOne to Oneで結び、最適なタイミングで最適な情報を届ける広告配信技術の実現を目指し、研究・開発に努めてまいります。

※1 人工知能とは、コンピュータ上において、人間と同様の知能を実現させようという試みや技術のこと。

■アドテクスタジオとは

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では8つの子会社を包括し、計215名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、DMPなど21サービスを提供しております。