このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

人工知能を活用したチャットボット事業子会社 AIメッセンジャー、沖縄チャットセンターを設立

サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットボット事業(※1)を行う連結子会社、株式会社AIメッセンジャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石川 大輔、以下AIメッセンジャー)において沖縄チャットセンターを設立いたしました。

AIメッセンジャーは2016年7月1日に設立した、人工知能を活用したチャットボット事業会社です。近年、各サービスのEC事業化が進み、国内のEC市場規模は今後も継続的な成長が予測されています。AIメッセンジャーはWEB上においても実店舗と同じような接客の実現や、企業とユーザーをOne to Oneで結ぶ最適なコミュニケーションの実現を目指し、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」の開発・提供を行っています。

このたび、AIメッセンジャーでは、人工知能を活用したチャットボットの事業拡大とサポート体制の強化を目的として、沖縄チャットセンターを設立いたしました。沖縄チャットセンターでは、化粧品や健康食品、旅行、不動産など、各分野の専門知識を持っているスタッフによるチャット接客対応を行います。対応した内容は、東京本社で開発している独自の会話エンジン(※2)のデータベースに取り込み学習させることにより、より最適な自動対応を実現し、企業価値の最大化に貢献いたします。なお、新たに50名を採用し、サポート体制の強化を図ります。

株式会社AIメッセンジャーは今後も人工知能研究を行い、更なるサービス開発・拡充に努めると同時に、積極的な事業拡大を図ってまいります。

※1 チャットボットとは、人間との自然言語でコミュニケーションを行うコンピュータのプログラムのことです。
※2 2016年1月に設立した最先端の人工知能研究を行う「AI Lab(エーアイラボ)」と連携し開発した、自然言語処理技術に基づいた独自の会話エンジンです。本エンジンは人と会話をするように、商品に関する質問や相談に回答することができ、さらに簡単な雑談にも返答することが可能です。


■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織。ダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」、成果報酬課金型 DSP「Smalgo」、プライベート DMP 「RightSegment」をはじめ、既存プロダクトの「CAMP」「AMoAd」や「CAリワード」といったアドテクノロジーを開発しております。現在8つの子会社を包括、計21サービスを提供しています。