tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1 このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

お問い合わせ

 

プレスリリース

株式会社Cygames、スマートフォン向け本格対戦型デジタルTCG『Shadowverse』を世界10ヵ国で配信開始。早くも累計100万ダウンロードを突破

IR

12184_ext_05_0.jpg
株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社Cygames(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:渡邊耕一)は、スマートフォン向け本格対戦型TCG※『Shadowverse(シャドウバース)』のiOS版・Google Play版を、 2016年6月17日(金)に日本を含む世界10ヵ国で配信開始いたしました。すでに累計ダウンロード数は100万を突破しており、App Storeのトップセールスランキングでもトップ10にランクイン※※しています。
※「Trading Card Game」の略
※※2016年6月21日現在
 

■本格対戦型TCG『Shadowverse』とは

7人の個性豊かなリーダーキャラクターから1人を選び、場に出て戦う「フォロワー」、即時効果を発動する「スペル」、能力が持続する「アミュレット」という、3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦い、相手リーダーキャラクターの体力を0にしたら勝利という、スマートフォンで遊べる本格対戦型TCG。
 
全世界登録者数2,000万人突破のサイゲームス代表作『神撃のバハムート』の美麗なイラストがカードとして登場し、初期段階でリリースされるカード数は400種類以上にのぼります。また、『神撃のバハムート』特有の“進化”のシステムも継承。すべてのフォロワーが進化可能になっており、バトル中の進化の使い所が、戦局を大きく左右します。
 
本サービスは日本語版と、英語版での提供に対応しており、下記の国が配信対象となります。

【配信対象国】
*日本語版:日本
*英語版:オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、韓国、シンガポール、台湾、アメリカ、イギリス